【結果】洗濯に関するアンケート(前編)

実施日: 2021年2月26日(金)〜3月7日(日)
母数: n=328

今回は、洗濯を中心にした暮らし提案を考えるにあたり、洗濯に関するアンケートを実施しました。
一言で洗濯と言っても、洗う前の仕分けから干して・たたんで・しまうまで、多くの工程と時間がかかります。避けては通れない日常の家事として、洗濯の実態を知り、そこに隠れているストレスや、各ご家庭での工夫をうかがいました。
結果は2回に分けて、前編では数値の報告を、後編では皆様の洗濯への思いや工夫・要望を中心としたフリーコメントを紹介します。

今回のアンケートでは、洗濯が好きな人(「とても好き」「好き」の合計)は41.4%、楽しいと思っている人(「とても楽しい」「楽しい」の合計)は30.5%、面倒だと感じている人(「とても面倒」「面倒」の合計)は52.4%という結果でした。洗濯は楽しいが面倒と思っている人は16%いました。
楽しいと思う人の理由は、「さっぱりするから」65.5%、「洗濯後にいいニオイがするから」48.7%、「汚れが取れるから」45.4%。
また、面倒だと感じるプロセスは、「干す」28.1%、「たたむ」25%、「アイロンをかける」13.7%、「しまう」8.5%。面倒だと思う理由は、そもそも「作業自体が面倒」という人は32.9%、次いで「時間がかかるから」29%でした。

洗濯の頻度は、「毎日」洗濯している人は47.9%、「週4~6日」は12.5%、「週2~3日」は29%、まとめて洗濯している人(「平日に週に1日程度」「休日にまとめて洗う」「月に1~3回」の合計)は10.6%です。単身者では、まとめて洗濯をしている人が65.7%でした。
また、洗濯をする時間は、「朝」「夜」が、それぞれ31.4%です。既婚者では65%の人が「夜」に洗濯をしており、そのうち共働き家庭は89.6%でした。
夜に洗濯をする理由は、朝は忙しくて時間がない、作業着やユニホームなど朝までに乾かしたいものがある、入浴のタイミングでその日着ていた家族全員分の服を洗濯したい、浴室乾燥機にかけて寝るから、花粉症の為、夜間の加湿の為に室内干しをするからなどでした。
一方、朝に洗濯をする主な理由は、日光に当てたいから、出勤前に干したいから、洗濯物が出そろうから、残り湯を利用したいからなどでした。

洗濯物を干す場所は、「ベランダなど室外に干している」が62.5%と多いですが、「浴室乾燥機を利用している」人も35.7%いました。また、室内干し(「室内の窓際に干している」「室内の窓から離れたところに干している」の合計)をしている人は、53.3%でした。お住まいの物件の条件やライフスタイルによって、違いがあると思います。

洗面所の活用では、洗面所で洗濯物をたたむ人が10.7%、子どもの運動靴など汚れものを洗面所で洗う人は17.4%でした。洗面所にはタオル(84.8%)・下着(33.5%)・パジャマ(15.9%)を収納している人が多く、「洗面所に洗濯物をしまうスペースがない」とストレスを感じていると回答している人は、13.4%いました。

洗濯の負担軽減のためにしている工夫では、「洗濯そのものの回数を減らし、まとめて行っている」35.4%、「干したハンガーのまま、たたまずにクローゼットに掛ける」27.4%、「アイロンがけを減らすため、形状記憶のシャツを増やした」25%でした。「嫌々ながら仕方なくやっている」人も16.2%いました。

今回の調査では「毎日」洗濯している人は47.9%、「週4~6日」は12.5%と約6割の人が週4日以上洗濯をしていました。また洗濯と一言で言っても、その前後に仕分ける・干す・たたむ・しまうといった付帯する作業があり、57.3%の人が約1時間前後の時間をかけて日々洗濯をしていることもわかりました。また、洗濯のタイミングは家族のライフスタイルを反映するものでした。
新型コロナウイルスの影響で、外出したらすぐに洗濯したいという人が増えているというデータも見ます。また、在宅勤務の影響でクリーニングの機会も減っているというコメントも今回のアンケートで多く見られました。現在の状況も踏まえると、この洗濯の頻度や所用時間は、洗濯機や衣類が大きく変わらない限り、今後も高い水準を維持していくのではないかと思います。持ち物の数や間取り、ご家庭の事情によって洗濯との向き合い方も異なりますが、今回の結果を元に少しでも気持ちよく洗濯ができるような住宅を考えていきたいと思います。

アンケート結果

回答者の属性はこちら

Q1 あなたは洗濯が好きですか。

洗濯が好きな人(「とても好き」「好き」の合計)は、41.4%。嫌いな人(「嫌い」「とても嫌い」の合計)は、16.1%。「どちらでもない」が、42.2%でした。

Q2 お使いの洗濯機の種類を教えてください。

「全自動洗濯機(乾燥機なし)」が、48.8%と最も多く、次いで「全自動洗濯機(乾燥機付き)」が、28.7%。乾燥機のある洗濯機を使っている人(「全自動洗濯機(乾燥機付き)」「ドラム式洗濯乾燥機」の合計)は、50%でした。

Q3 お使いの洗剤を全てお答えください(複数回答)

複数の洗剤を選択している人は、全体の73.5%でした。個別では、「液体洗剤」を使用している人が、86%と最も多く、次いで「柔軟剤」が61.3%でした。「ジェルボール洗剤」と回答した人は、11.6%で生活に浸透し始めている様子が見えました。

Q4 洗濯は主に誰がしていますか?

回答結果と性別・家族構成をクロス集計した結果、既婚女性57.3%、既婚男性10.1%、独身女性15.9%、独身男性10.1%、他6.6%となりました。既婚者に絞って洗濯をしている主体者を出すと、女性が85.1%、男性が14.9%となり、男性の家事参加がうかがえます。

Q5 洗濯の頻度を、教えてください。

「毎日」洗濯している人が、47.9%。まとめて洗濯している人(「平日に週に1日程度」「休日にまとめて洗う」「月に1~3回」の合計)は、10.6%です。まとめて洗濯している人のうち、単身者は65.7%でした。

Q6 1日に洗濯機をまわす回数は、どのくらいになりますか。

「洗濯機1回分」が65.2%。そのうち毎日「洗濯機1回分」の洗濯をしている人は42.5%。毎日洗濯はしない人けれど、まとめて洗濯をするタイミングで洗濯物の量が「洗濯機1回分」の人が57.4%でした。つまり、毎日洗濯をしない人でも、まとめて洗濯をするタイミングの目安は「洗濯機1回分」なのかもしれません。

Q7 主な洗濯の時間帯を、教えてください。

「朝」と「夜」が31.4%と最も多いです。「夜」と回答した人の内訳は、単身者は29%、既婚者は65%、その他6%でした。既婚者のうち、89.6%が共働きとなります。洗濯機の進化もあり、夜に洗濯する共働き家族が増えているのでしょう。

Q8 その時間帯に洗濯をする理由を、お聞かせください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q9 洗濯にかかる作業時間(洗濯の準備、干す時間、たたむにかかる時間の合計で、洗濯機乾燥機が動いている時間と、干しっぱなしの時間を除く)は、どのくらいですか。

「30分以内」が30.8%「1時間以内」が40.5%、毎日洗濯している人に絞っても、「30分以内」が32.5%「1時間以内」が41.4%です。毎日洗濯することが時間短縮には影響していないようです。

Q10 洗濯前の物は、種類によって分けて置いていますか。

洗濯前の物を分けて置いていない人は、60.7%。

Q11 Q10で「いいえ」と回答した方に、おうかがいします。洗濯前の物を分けていない理由を教えてください。

洗濯物を分けて置いていない理由は、「全てまとめて洗うことが多いから」が、57.8%と最も多い。「分けて置いておくスペースがないから」という人は、16.1%でした。

Q12 洗濯物は、種類によって分類して洗っていますか。

分類して洗濯している人(「毎回分けている」「ほぼ毎回分けている」の合計)は、47%。分類していない人(「ほとんど分けていない」「分けていない」の合計)は、43.6%でした。

Q13 種類によって分類して洗っている方にうかがいます。それはどういう分類ですか(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q14 洗濯機から取り出したものを、干すための準備(ハンガーにかけるなど)はどこでしていますか。(複数回答)

「リビングなど別の場所で、干す準備をする」が、37.2%、「洗濯機のそばで干す準備をする」「ベランダなど干す場所で、干す準備をする」が、34.8%と、あまり差はありませんでした。

Q15 その場所で準備をする理由を、教えてください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q16 洗濯物はどこで、干していますか。(複数回答)

「ベランダなど室外に干している」が、62.5%。次いで「浴室乾燥機を利用している」が、35.7%。室内干し(「室内の窓際に干している」「室内の窓から離れたところに干している」の合計)は、53.3%でした。天候や季節、洗濯物の種類に合わせて干す場所を変えている人は、約半数となります。

Q17 Q16で回答した場所で洗濯物を乾かす理由を、教えてください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q18 洗濯物を干すグッズ(ハンガーや物干しピンチなど)は、どこに置いていますか。

「洗濯機の近く」が、29.6%、次いで「室内の物干しラックにかけっぱなしにしている」が、24.4%。外に収納している人(「ベランダの物干し竿にかけっぱなしにしている」「ベランダの洗濯物を干す場所の近くに収納している」の合計)は、18.2%でした。

Q19 洗濯物は、主にどこでたたみますか。(複数回答)

「リビング」が63.7%と多い。「タンスやクローゼットなど、しまう場所の近く」が18.9%。
洗濯をたたむかどうかは、「全てたたまない」は2.7%で、「たたむものと、たたまないものがある」は24.1%。

Q20 Q19で「たたむものと、たたまないものがある」「全てたたまない」と回答した方にうかがいます。なぜたたまないのか教えてください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q21 洗面所にしまっている洗濯物があれば、教えてください。(複数回答)

「タオル」が、84.8%と最も多く、次いで「下着」が、33.5%。「しまいたいけど、しまう場所がない」は、11.9%でした。

Q22 Q21で「しまいたいけど、しまう場所がない」と回答した方にうかがいます。洗面所にしまう場所があれば、何をしまいたいですか。(複数回答)

洗面所にしまいたいものは、「タオル」が54.7%と最も多く、次いで「下着」49.1%、「パジャマ」は、28.3%でした。

Q23 お子さんの年齢を教えてください。(複数回答)

Q24 1度に洗う全体の洗濯物の量のうち、お子さんの洗濯物は、どのくらいの割合を占めていますか。%でお答えください。お子さんがいない方は、0と回答してください。

※Q23で「対象の子供がいない」55.8%を除いた回答

お子さんの洗濯物の割合を、子どものいる家庭に絞ると、「30%」20.7%、「40%」20%、「50%」18.6%でした。

Q25 子供の運動靴・上履きや運動着など汚れのひどいものは、どこで洗っていますか。(複数回答)

「対象の洗濯物がない」を除くと、「浴室」「洗面所」で洗っている人がほとんどです。

Q26 洗濯に関する作業の中で、ストレスを感じているスペースがあれば、お答えください。(複数回答)

「特にストレスを感じるスペースはない」が、41.2%。ストレスを感じる中では、「洗濯前の物を置く場所がない」21%、「洗濯物を干す、または干す準備をするスペースがない」16.8%、「洗濯前の物を仕分けるスペースがない」14.9%と、洗濯前や干す準備のスペースにストレスを感じている人がいるようです。

Q27 Q26で「その他」と回答した方にうかがいます。その内容を教えてください。(フリーコメント)

■間取り
・洗面所のスペースがせまいため。
・洗濯かごを床に置いているが、通路が狭くなるのでストレスを感じている。洗濯機の上に置くこともできるが、洗濯する時は下ろす必要があるので面倒に感じている。
・カーテンや寝具など、大型の洗濯物を複数干すためのスペース。
・雨の日など、室内で干す良い場所が欲しい。
・部屋干しのためリビングが常に占領されている。
・洗濯機から出して、その場で干せる環境がほしい。
・干場が狭いため、2か所に分かれている。(たたんでしまうなら十分なスペースだが、そのまま干しておくシステムだと場所が2倍くらいいる。)
・洗濯物を取り込んで、たたむまでの一時置場がない。取り込んですぐにたためばいいのだけど、家事がひと段落してからたたもうと思うので、いつも取り込んでから、リビングの椅子に置いておくことになる。

■収納
・ハンガーやピンチをしまう場所が洗面所下スペースであるが、配管などがありとりだしづらい。
・ハンガーをしまう場所がないとし脱衣所にハンガーがまとめられる収納があれば便利だと思う。
・洗面所自体が狭いため洗濯前のものを置く場所がない。収納が少な過ぎる。
・脱衣場が少し狭く、収納場所が少し少ない。

■洗濯機の上のポール
・洗濯に使うハンガーやハンガーラックが掛けられるポールが洗濯機上にあるため使いにくい。我が家は縦型式の洗濯機が好きなので。
・洗濯機上戸棚(オプション)の下側にあるバーが使いづらいです。

■家事動線
・洗濯機は1階→干すのは2階→たたむのは1階(子どもが小さいのでリビングで子どもを見ながらアイロンがけしているので)→クローゼットは2階、と動線が悪い。

■洗濯機の機能について
・洗濯機のロック機能は要らない。子どももいないので不要。入れ忘れたものなど、入れたい時に一々ロックを外すのは面倒。ロックを付けるのはドラム式だけで良いのでは?

■その他
・洗濯物をたたむのが面倒。
・庭が広いのでほす場所がないということはない。
・洗濯物を干したり取り込んだりするためにベランダに出た時、他の部屋からタバコの匂いがする時があり、それが非常にストレスに感じる。ベランダで吸っている匂いだと思う。
・たたんだ後たたんだ場所(和室)に置きっぱなしになってしまうことが多い。

Q28 洗濯における動線でストレスを感じていることはありますか(複数回答)

「特にストレスを感じることはない」が、62.2%。ストレスを感じている動線では、「干す場所への動線が悪い」が22.9%でした。

Q29 Q28で「その他」と回答した方にうかがいます。その内容を教えてください。(フリーコメント)

■間取り
・洗濯機置き場と脱衣所が同じなので全体的にスペースが狭い。
・脱衣所が狭い。
・洗面所が狭く、家族が身支度している間は何もできない点。
・たたむ場所としまう場所が違うので運ぶのが手間である
・洗濯物、洗濯機専用部屋があるとなおさら良い。乾かせる部屋も。上、下に乾燥や送風、ダクト付を作ってみたい。置き台がアイロン効果のある台も面白そう。
・洗濯スペースがもう少し広いと良い。
・洗濯機から出して、その場で干せる環境がほしい。
・1Fでも外に干せたら嬉しい。

■動線
・マンションの間取り上、浴室からリビングを突っ切るのは仕方ない。注文住宅ではないから仕方ない。
・現在、マンション住まいのため洗濯と物干しは平面上で済みますが、戸建だと1Fで洗濯し2Fへ運ぶようであればやりたくない、と家内がこぼしていたことがあります。
・干す場所への動線というか、距離感がダルい。

■その他
・ベランダのガラス戸や網戸の開閉。網戸が外れたり、虫が入ったり。
・本当は南側にある和室で室内干しをしたいのだが、壁にとりつけるタイプの物干し竿の取り付けができない。窓とエアコン用配管で壁の空き面積が、壁取り付け物干し竿の規定の広さを満たさない。
・畳んだものは個人でしまうことになっているが、なかなか各自しまわないこと。
・廊下から脱衣室への扉が内側への開き戸で、洗濯機のドアと干渉する。引戸だったら良かった。

Q30 クリーニングの利用頻度を、教えてください。

「季節の変わり目のみ依頼する」が56.1%、「ほとんど利用しない」が24.4%。日常的にクリーニング店を利用している人(「月に4回以上依頼する」「月に2回程度依頼する」「月に1回程度依頼する」の合計)は、19.5%。

Q31 利用しているクリーニング店の種類を教えてください。

「近所のクリーニング店」が74.7%。「宅配クリーニング店」の利用は、6.1%でした。

Q32 クリーニング店に依頼しているものを教えてください。(複数回答)

「季節のもの(ダウン・コートなど)」71.3%、「スーツ・ワンピースなどの外出着」53%、「フォーマルな服」50.3%でした。

Q33 クリーニング代は、普段月にいくら使っていますか。(季節のものは省く)

「ほぼ使っていない」が58.9%で、日常的にクリーニング店を利用していない人が多いように感じます。利用者でも、利用金額は「3,000円未満」が28.4%でした。

Q34 コロナ禍でクリーニング代に、変化はありましたか。

「以前と変わらない」が、74.7%。以前より減った人(「以前の半額以下になった」「以前より多少安くなった」の合計)は、27.7%。

Q35 コロナ禍における、クリーニング代の変化の要因は何でしょうか。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q36 洗濯は楽しいですか。

楽しいと思う人(「とても楽しい」「楽しい」の合計)は、30.5%、楽しくない人(「あまり楽しくない」「楽しくない」の合計)は、25.3%で、楽しい人の方が、5.2ポイント多いい結果です。

Q37 Q36で「とても楽しい」「楽しい」を回答の方にうかがいます。洗濯が楽しい理由を教えてください。(複数回答)

「さっぱりするから」65.5%、「洗濯後にいいニオイがするから」48.7%、「汚れが取れるから」45.4%でした。

Q38 Q37で「その他」と回答の方にうかがいます。その内容を教えてください。

・綺麗になることでストレス発散にもなるから。

Q39 洗濯は面倒ですか。

面倒だと感じている人(「とても面倒」「面倒」の合計)は52.4%、面倒だと思わない人(「あまり面倒ではない」「面倒だとは思わない」の合計)は25%で、面倒だと思う人の方が、27.4ポイント多い結果でした。洗濯は楽しいが面倒と思っている人は、16%いました。

Q40 洗濯のプロセスで、一番面倒だと思うものはどれですか。

面倒なプロセスは、「干す」28.1%、「たたむ」25%、「アイロンをかける」13.7%、「しまう」8.5%。「特に面倒だと思うことはない」人は、11.9%でした。

Q41 Q40で選択したプロセスが面倒だと思う主な理由を、教えてください。

そもそも「作業自体が面倒」という人は32.9%、次いで「時間がかかるから」29%。

Q42 Q41で「その他」と回答した方にうかがいます。その理由を教えてください。(フリーコメント)

■気候によるストレス
・濡れた物をさわるのが寒いので嫌です。
・寒い時は手が冷たくなったりと…シワ伸ばしたり、洗濯バサミで一つ一つ挟んだりと…。
・今の時期寒いから(夏は暑い)。
・気温に左右される。

■しまうストレス
・家族それぞれのタンスにしまう事が面倒。
・各自がしまわず出しっぱなしなので、指示するのがストレス。
・それぞれの部屋に分けてしまうのが面倒。

■洗濯物が出来上がるのを待つストレス
・洗濯中に待っていないといけないので、何かを中止して干す作業をしなければならないから。
・洗濯終わりを待たなければならない、出かけられない、干し忘れる、寝てしまう。

■その他
・裏返して洗ってある服がある。
・手が汚れるから。
・やってもどうせ次着た後には再度洗わなければいけないから。むなしさを感じる。
・干し方によって仕上がりが変わってくるから神経を使う。
・洗濯槽の中にかがんで、上に干しての動きで、腰に来る。
・準備をしないといけないから。

Q43 洗濯の負担を軽減するために、工夫をしている点で当てはまるものはありますか。(複数回答)

「洗濯そのものの回数を減らし、まとめて行っている」35.4%、「干したハンガーのまま、たたまずにクローゼットに掛ける」27.4%、「アイロンがけを減らすため、形状記憶のシャツを増やした」25%。「嫌々ながら仕方なくやっている」人も、16.2%いました。

Q44 あなたが親に聞いたり、自分で閃いた洗濯の習慣や便利な道具、日常的にしている洗濯のコツやアイデアがあれば、教えてください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

Q45 洗濯に関して、住宅設計におけるご意見があれば、お聞かせください。(フリーコメント)

次回後編にて、報告いたします。

回答者の属性

ご年齢

性別

回答者の職業

回答者の業種

配偶者の職種

家族構成について

お住いの地域

現在のご住居

住居の広さ

間取り

現在のお住まいの居住年数

フージャースの住宅にお住まいですか。