【結果】洗濯に関するアンケート(後編)

実施日: 2021年2月26日(金)〜3月7日(日)
母数: n=328

今回は、洗濯を中心にした暮らし提案を考えるにあたり、洗濯に関するアンケートを実施しました。
一言で洗濯と言っても、洗う前の仕分けから干して・たたんで・しまうまで、多くの工程と時間がかかります。避けては通れない日常の家事として、洗濯の実態を知り、そこに隠れているストレスや、各ご家庭での工夫をうかがいました。
結果は2回に分けて、前編では数値の報告を紹介しました。今回の後編では皆様の洗濯への思いや工夫・要望を中心としたフリーコメントを紹介します。

今回の調査では「毎日」洗濯している人は47.9%、「週4~6日」は12.5%と約6割の人が週4日以上洗濯をしていました。また洗濯と一言で言っても、その前後に仕分ける・干す・たたむ・しまうといった付帯する作業があり、57.3%の人が約1時間前後の時間をかけて日々洗濯をしていることもわかりました。また、洗濯のタイミングは家族のライフスタイルを反映するものでした。

フリーコメントからはわかった事は、洗濯を朝する人は、「仕事との関係」や「日光に当てたい」などが大きな理由です。夜にする人は、「仕事との関係」の他では、「入浴後」や「その日のうちに」洗濯を終わらせたいという人が多かったです。
また、洗濯物を室内に干すのは、「花粉症対策」や「加湿の為」や、室内でも窓際に干している人は、「室内でも日に当てたい」という声もありました。他に、「夜に洗濯するので外には干さない」という人もいます。天候や洗濯物の種類によっては、洗濯機の乾燥機能や浴室乾燥器を併用している人も多いようです。
洗濯物をたたまない理由としては、「またすぐ着る服をたたむ行為が無駄」という声や、「下着はたたまずに専用BOXに入れるから」という声もありました。
住宅設計におけるご意見では、「洗面所の広さ」や「収納」、「動線の要望」に関する意見が多かったです。

今回は、フリーコメントでの回答となる質問に寄せられた内容を紹介します。
次週は、アンケートから得た意見も反映させた「洗濯を中心に暮らしを考えたプラン」を紹介します。

回答者の属性はこちら

Q7 主な洗濯の時間帯を、教えてください。

「朝」と「夜」が31.4%と最も多いです。「夜」と回答した人の内訳は、単身者は29%、既婚者は65%、その他6%でした。既婚者のうち、89.6%が共働きとなります。洗濯機の進化もあり、夜に洗濯する共働き家族が増えているのでしょう。

Q8 その時間帯に洗濯をする理由を、お聞かせください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

分類 総計
仕事との関係 家事の時間を考えて 朝は忙しい 乾く時間を考えて 作業時間 効率 日光に当てたい 外干ししたい 洗濯物の揃うタイミング 入浴との関係 その日のうちに 時間による 加湿 習慣
洗濯をする時間 13 7 12 3 4 13 9 6 5 3 4 79
午前中 1 7 8 3 1 3 9 3 1 4 5 45
2 1 1 2 6
午後 1 1
夕方 4 1 1 2 8
21 2 6 5 3 5 6 12 12 5 2 7 86
定まっていない 4 10 4 18

「朝」洗濯をする人の理由は、「仕事との関係」と「日光に当てたい」が多く、次いで「乾く時間を考えて」「外干ししたい」でした。
「午前中」に干すの人の理由は、「外干ししたい」「乾く時間を考えて」「家事の時間を考えて」の順でした。
「夜」に洗濯をする人の理由は、「仕事との時間」が最も多く、次いで「入浴との関係」「その日のうちに」でした。

【朝に洗濯をする人】
■仕事との関係
・出勤前に干せば、帰宅時に乾いている。(他7件)
・出勤前の時間を利用。(他1件)
・朝、洗って外に干して仕事へいくため。雨の日は浴室の乾燥機を使用。
・朝回して、干してから出勤。早く帰宅した家族の者が取り込み。たたむのは長男の仕事。というルーティンにしているので。家族みんなが日中外に出るので、朝もしくは夜にしか回せない。夜は週2回くらい娘が回す。
・日中は仕事があるので、仕事の前に干し、日中乾かしたい。日中の方がよく乾く。臭くならない。

■家事の時間を考えて
・家事のやりやすい時間の為。(他1件)
・一番時間がとれるから。
・休日朝に掃除等家事をまとめてやってしまいたいから。
・今は、専業主婦なので家事は出来るだけ朝早く済ませてしまいたい。
・今は育休中で、朝に時間があるから。
・土曜日の朝。週末休みなので、洗濯、掃除を終わらせてゆっくりしたい。平日の1回は夜にします。

■乾く時間を考えて
・その日のうちに乾くから。(他6件)
・朝のうちに干すとよく乾くから。(他1件)
・朝に干して夕方取り入れるようにしているからです。
・寝てる間にタイマーセットして、起きたら干す。
・早く始めると早く乾くから。南向きバルコニーか南向きLD(花粉の時期)に干すので朝洗濯すると乾きやすい。

■作業時間を考えて
・朝→濡れたタオル、パジャマの洗濯、夜→子供の着替えも含め衣類タオルを洗濯。
・朝早い時間に洗濯しその後干して昼前後に取り込んで他の用事に取り掛かるので。
・夜は干す時間がないため。

■効率を考えて
・他の家事の合間にできるから。
・回してる間に他の用事ができるので。
・ドラム式は乾燥に時間がかかるので朝起きたときに仕上がるように。
・日中は仕事でできず、夜は疲れてやる気がない。朝は朝早くから起きなければならないので、身支度をしている間に、洗濯機を回す時間に当てられるから。

■日光に当てたい
・日光に当てたいから。(他6件)
・出来るだけ自然光で乾かしたいから。当日のお天気でするしないも決める。
・日当たりの良い時間帯に干したいから(特に春夏)。
・今は無職なので、この時間に洗濯して、日に干せるから。
・住んでいるマンションのベランダに日光が当たるのが13時ころまでなので、朝一で干して13時ころに取りこまなければならないため。
・昼間に日があたる室内またはバルコニーに干すから。
・日が当たる頃に洗濯が終わり、干すときに直射日光が当たるようにしています。陰干しが必要なものは、日陰を作ればいいだけなので、朝洗濯するようにしています。

■外干ししたい
・外に干したい。(他2件)
・外に干すので。夏場は夜もします。
・外に干す時間を長くする為。
・外干しする為、早めに洗濯します。
・朝から外干ししたいから。
・昼間、外に洗濯物を干して乾かしたいから。
・外で乾かしたいので、朝洗濯して干せば、外に長く出せて、夜には乾いた状態で取り込めるから。

■洗濯物の揃うタイミング
・昨日使ったタオル(寝る前までに手を拭いた)や朝まで着ていたパジャマも一緒に洗うから。
・朝には全員の洗濯物が溜まるから。
・朝脱いだパジャマなども一緒に洗いたい為。
・夫が後からお風呂に入るので、朝には洗濯物が揃っているから。
・夜、着替えて洗濯物が朝まとまっているため。
・夜きたパジャマを一緒にあらうため。

■入浴との関係
・残り湯を利用するため。汚れ物が多い場合は、夜入浴後すぐ洗濯機を回す。
・洗顔後のフェイスタオル、習慣としている朝の入浴後のバスタオル等、濡れたものは時間を置かずに洗濯したい、朝出社前に洗濯乾燥ボタンを押して出掛けると帰宅時に乾燥まで仕上がっている等、衛生面や効率面を考慮し、朝洗濯しています。
・日中は仕事をしていて、かつ風呂の残り湯を使いたい為。
・夜お風呂に入り洗濯物がでるから。
・夜に出た物を朝に洗濯する。(お風呂の残り湯を活用する為)。

■習慣
・家事は朝に済ませる習慣だから。
・休みの日に朝起きて回すのが日課になっているから。
・結婚してから、朝起きて洗濯する習慣ができてしまったから。

■他
・寝る前だと洗濯機に放置することになるのが嫌なので。
・朝、夫の帰宅後、夜に分けてしている。
・夜は下の人に迷惑にならないか?と考える。
・夜中にタオルを洗濯乾燥させる。電気代が夜間の方が安いから。

【午前中に洗濯をする人】
■仕事との関係
勤務の都合による

■家事の時間を考えて
・一日2回は回すので、朝から行う必要があるため。
・家事のスタートとして。
・午後ゆっくり出来るから。
・専業主婦である奥さんが朝や昼間にやる事が多い。
・掃除洗濯を早く済ませたいから。
・早く終わらせて、あとの時間をゆっくり過ごしたいから。
・早めに終わらせたいから。

■乾く時間を考えて
・乾きやすいから。(他2件)
・干す時間を考えると午前に洗う。(他1件)
・午前中に干してお昼に渇くように。(他1件)
・天気にもよるが、当日に乾くようにしたいから。

■作業時間を考えて
・乾かしてたたむまでの全てをその日のうちに終わらしたいから。
・洗濯物を干して乾かすことを考慮すると、午前中には、洗濯を終えたいから。
・夕方までに、乾燥・たたみまで仕上げたいため。

■効率を考えて
・休みの日を無駄にしないため。

■日光に当てたい
・日光で乾かしたいから。(他2件)

■外干ししたい
・屋外に干したいから。(他6件)
・外に干して乾かしたいので、早い時間に洗濯したい。 ・外に干すものは、早い時間から干したいため。

■洗濯物の揃うタイミング
・シーツを毎日洗濯したいため。
・前日分を。
・朝みんなが脱いだもの、タオルなど、回す。

■加湿
・日中は暖房を使い湿度が下がるため、午前中にお洗濯を干し湿度を上げるため。

■習慣
・以前からの習慣
・起きてから回すため。
・午前中に干して夕方に取り込む、というサイクルだから。
・自分の生活リズム的に、午前中が体力もあり、洗濯機の音が響いてるとしても、階下の人に一番迷惑でない時間帯だと思うので。

■他
・休日にやっておかないと、着るものに困るから。
・仕事が休みの時に洗濯するので。
・朝早く起きられないから。
・忘れないうちにと、生活音が許されるだろう時間帯のため。
・特にない、たまたま。

【昼に洗濯をする人】
■仕事との関係
・在宅勤務の合間に行うことが増えた。
・在宅勤務中のため。

■家事の時間を考えて
・冬は暖かい昼間に干したい。夏は暑くなる前に干し終わりたい。

■習慣
・コロナ対策として、夜勤帰りの昼、着ていた服を必ず洗濯をするから。また、アパート暮らしなので、夜に洗濯すると隣人に迷惑だから。

■他
・休日の起床時間がおおよそ昼のため。
・焼肉などで服に匂いがついてしまった時、すぐに洗う。

【午後に洗濯をする人】
■仕事との関係
・仕事から帰ってきたあとに洗濯するため

【夕方に洗濯をする人】
■仕事との関係
・仕事が終わってからなので。
・仕事終わりの晩酌中。
・仕事がある時は帰って来てから夕方に干す為。翌日の午前中でも乾いていない時があるので、次回買い換え時にはシワになりにくい80%乾燥機能付きを検討中。
・洗濯は家内がやるのですが、平日日中は勤務のため帰宅後にしており、土日祝は朝しています。

■入浴との関係
・皆がお風呂に入って洗濯物が出るから。

■加湿
・夜部屋干しをすると、部屋の乾燥を防げるから。

■他
・夜テレビ見ながらできるから。
・洗濯する日まで着ていた物を全て洗濯して洗濯機の中を空っぽにしたいため。本当は朝イチで洗濯して仕事に行くのがベストだがなかなか時間がとれない。

【夜に洗濯をする人】
■仕事との関係
・仕事をしているため。(他6件)
・帰宅してから洗濯するため。(他6件)
・フルタイムで仕事をしているため、夜でないと洗濯ができない。
・共働きの為、夜しか時間がないので。
・休みの時以外は仕事から帰って洗濯して夜干して寝るため。
・日中仕事のため朝忙しくなるから。外干ししないので寝てる間に夜の方が効率いいから
・平日は仕事から帰ってきた後にするので夜。休日は仕事が休みなので昼頃やっています。
・平日は夜しか時間が無いから。
・他に時間がない。

■家事の時間を考えて
・育児が落ち着いた時間にやるから。
・日中は洗濯する時間が取れないからです。

■朝は忙しい
・朝は忙しいから。(他2件)
・朝の時間短縮。朝からでは乾きにくいため。
・朝は時間がないから。仕事終わりの方が、時間が取れる。
・朝は出勤支度で忙しいので家族全員が入浴終えたら洗濯します。朝にはもう乾いているので楽です。

■乾く時間を考えて
・お風呂から上がって洗濯して夜に干すと、翌日には乾いているから。
・一日分の洗濯を夜にしてそのまま朝までに乾燥まで終わらせるため。
・帰りが遅い、お風呂の乾燥機で乾かしているので、夜お風呂入ってからじゃないと乾かせない。
・自分や家族が仕事で着用した作業着や、部活帰りの子どものユニフォームなど、朝までに乾かしたい洗濯物が揃うのが夜だから。
・朝までに乾くから。

■作業時間を考えて
・まとまった時間が取れるから。ベランダがなく、室内干し(サーキュレーター使用)だから、朝洗濯する理由がない。
・夜に洗濯・乾燥して次の日の朝にたたむため。
・夜洗って朝には畳んだしまうため。

■効率を考えて
・夫婦共働きで夜の方が、効率が良いから。(他1件)
・効率的。一回では干しきれない。
・寝てる間に終わるから。
・朝起きて、洗濯機を回す時間もないので、寝る前にドラムへ投入し、早朝タイマーで洗濯機を回します。

■洗濯物の揃うタイミング
・洗濯物が出るタイミングだから。(他2件)
・家族全員入浴後の夜に洗濯物が集まるため。
・お風呂に入って、みんながパジャマに着替えたタイミングで洗濯機を回す。
・家族全員が帰宅して、洗濯機一回分の汚れ物がたまった時間帯で洗濯機を回すので。

■入浴との関係
・入浴後に洗濯し、浴室を乾燥させる時に洗濯物も乾燥させる。(他2件)
・お風呂上りに洗濯をする。(他1件)
・お風呂後に、濡れたタオル類を洗いたいから。(他1件)
・風呂の残り湯を使っているため。(他1件)
・入浴のタイミングでその日の洗濯をする。
・1日の終わりに、全員風呂入り終わったタイミングかつ、畳む時間の都合がいい(夜か朝イチ)。
・お風呂に入ってから、脱いだ服を洗濯したいので。寝る前に浴室乾燥機に干して、後は寝るだけにしたい。

■その日のうちに
・その日に出た洗濯物を洗うため。(他3件)
・その日の汚れはその日に洗濯したい。更に、夜や在宅時に着用したものは,翌朝洗濯します。
・その日に使った物も全て洗えるため。夜以外の時間に余裕がないため。
・その日来た服、入浴後のタオルやマットを含め1日分の洗濯物を最後に回すため。
・帰宅後入浴中にその日使用した物を洗濯するため。
・作業着の洗濯なので、帰ってきてから夜に洗濯します。
・クラブから帰ってきた子供のユニフォームが汚れているから。
・保育園に通っている子供のものを洗うため。
・夜にお風呂から上がったあとに1日分の洗濯と、夕方に運動をしている子供のユニフォームなどを洗う。1日2回

■加湿
・居住地が乾燥しているので、寝る前に干して乾燥対策します。
・共働きのため、平日はその時間帯に洗濯をするしかない状況。室内干しをして、夜間の加湿の効果も期待している。
・部屋干しで朝乾いているので。夜間の乾燥を防げるので。
・夜のうちに部屋干しして、部屋の加湿にもなるから。
・夜間暖房をつけながら就寝するので、湿度の保持を兼ねて部屋干しをするため。また、朝は時間がない。

■習慣
・ルーティンです。
・夜更かししながら洗濯するのが好きなので 夏は乾きの良い明るいうちにします。

■他
・夜の間に洗濯機を回して1回目はお風呂の乾燥で、2回目は乾燥付きで洗濯機を回すため。
・家に居るから。
・在宅勤務の時は仕事が終わってから洗濯します。また出社する時は帰宅してから選択するため、夜になります。これ以上の特別な理由はありません。
・朝洗濯機を回す時間を確保出来ない(寝ていたい)ので夜に回して干してしまいます。
・日光アレルギーなので夜に干して 翌日の夕方に取り込むという流れになっている。
・花粉症の為なるべく花粉の飛散の少ない時間帯。
・翌日が仕事の日は朝忙しくてイライラするのが嫌なので夜に回します。今の季節は子供が花粉症なので基本部屋干しです。夜中に鼻血を出すこともありタオルやシーツなども部屋の中に干すとなると普通の洗濯物を、朝回したらシーツは干せないので、夜回した方が、洗濯物がたまらないのと干す場所に悩まないので夜回すことが多くなりました。

【夜に洗濯をする人】
■仕事との関係
・テレワークの合間に行うことが多い。仕事の予定・気分・洗濯物の種類や量によって時間帯を変える。
・在宅勤務制度か、出社日か、休日かで回るタイミングが違ってくるから。
・仕事や介護など状況に応じて夜以外にしている。洗濯する日は1日に三回する事が多いので、夕方にかかってしまう事もたまにある。
・日勤、夜勤ある仕事で、帰宅後お風呂上がりに洗濯する事が多い為。

■時間による
・家に居る時。
・家事の合間。
・時間の都合。
・たまった時と空いた時間によります。
・お風呂の残り湯を利用するときは夜。水曜日ジムに行って汗をかいた衣類があるときはジムから帰った午後。日曜日は朝。
・休みの日は朝で、次の日に着たいものがあれば夜に洗濯します。夜洗って室内干しすれば、夜中の乾燥予防になるのでよいです。
・休日の都合の良い時間なので、その時によりまちまちとなる。
・洗濯物の量が多くなった時や、平日の夜の気分がのってる時。
・平日は帰宅後、休日は起きる時間によって変わる。
・平日は夜、休日はその時々で行うため。

■他
・ドラム式なので、朝起きた時に洗濯乾燥を終えているようにしたり、仕事帰りに終わらせるようにしたりと その時によって様々。
・朝起きたらとりあえず洗濯機を回し始める。
・天候などで左右します。
・天候を見て決めているから。

Q12 洗濯物は、種類によって分類して洗っていますか。

分類して洗濯している人(「毎回分けている」「ほぼ毎回分けている」の合計)は、47%。分類していない人(「ほとんど分けていない」「分けていない」の合計)は、43.6%でした。

Q13 種類によって分類して洗っている方にうかがいます。それはどういう分類ですか(フリーコメント)

分類している人のコメントから、品名を抜き出したもののです。

「色物」を分類することが最も多く、次いで「おしゃれ着」「タオル」「下着」が多く、「手洗い」「ニット」「汚れ物」「素材」「乾燥機に掛けられるか」と続きます。

品名で分類していない意見を紹介します。

■乾燥機
・乾燥機に掛けられるものとそうでないもの。(他6件)
・乾燥に時間がかかるマット類や、デリケートな衣類は乾燥機にかけないようにしているため、乾燥が必要なものと不要なものを分けている。
・洗濯+乾燥機にかけるもの→タオル、伸びてもいいような服。乾燥をかけない洗濯→裏起毛(洗濯機の中が毛だらけになるので)、下着。おしゃれ着洗い→セーターや伸びてほしくない服。
・ニットなど乾燥機にかけたくないもの+おしゃれ着用洗剤で洗うものとそうでないものを分けている。
・下着とタオルは乾燥機に掛けるので、最後に洗う。それ以外を、汚れ物(学校関係)とそうでないものに分けて洗う。

■シワ
・タオルなどシワが付きにくいものと、シャツなどシワが付きやすいもの
・ニットや型崩れが気になるアイテム、シワをつけたくないアイテムなど、オシャレ着洗いモード&オシャレ着用洗剤で洗いたいものは、別途洗っている。それ以外は、下着もそれ以外も、白いものも色物も、ネットを使って一緒に洗ってしまっている。

■ネット
・ネットに入れて分類してます。下着、ズボン、シャツなど。
・洋服、下着、タオルそれぞれネット分け
・ネットに入れて洗いたいもの(下着や装飾が付いているものや薄地のもの等)とその他のもの。
・ワイシャツはネットに入れておしゃれ着洗いをするため、単体で洗う。汚れやウィルスが気になるものは、分けて洗う。
・生地の違いにより、ネットに入れたり、そのままだったり、色味の濃い/薄いで分けています。
・長袖のTシャツとか、長いものは絡みやすいので、ネットに入れる。
・(1)タオル等洗濯ネットなしで洗える物、(2)おしゃれ着、(3)デリケート洗い、(4)布団類
・ネットで仕分ける作業はしています。(下着、フックやチャックがついていて他の衣類をひっかけそうなもの、一緒くたにしても傷つきにくい衣類)。

■ドライクリーニング
・ドライか手洗いか。
・タグにドライクリーニングや手洗いとある物と、そうでないものに分けている。
・中性洗剤、ドライとアルカリ性衣類洗剤、標準洗いで洗うものを分けてます。
・オシャレ着やドライ製品は別に洗濯する。

■大人か子どもか
・大人、幼児用、オシャレ着。
・子ども用と大人用で洗剤を分けています。
・子どもの小物のみ分ける。
・大人のものと子どものもの。
・手洗い洗濯、乳児用洗濯と普通洗濯に分けている。

■他
・衣類とラグ等は分ける。
・タオル、自分の普通洗いの衣類、自分のオシャレ着(ドライ又は手洗いマーク)洗いの衣類、夫の普通洗いの衣類、夫のオシャレ着(ドライ又は手洗いマーク)洗いの衣類、マット類、シーツや布団カバー、毛布、8種類くらいに分けている。
・クリーニングに出す洗濯物以外は分類していません。
・スラックスや靴下等は別にあらう。
・一緒に洗いなくないものを分けている。
・色物別、用途別。

Q14 洗濯機から取り出したものを、干すための準備(ハンガーにかけるなど)はどこでしていますか。(複数回答)

「リビングなど別の場所で、干す準備をする」が、37.2%、「洗濯機のそばで干す準備をする」「ベランダなど干す場所で、干す準備をする」が、34.8%と、あまり差はありませんでした。

Q15 その場所で準備をする理由を、教えてください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

分類 総計
効率を考えて 作業場所 室内干し 浴室に干す 干す場所 環境 道具の保管場所 家族
準備の場所 洗濯機のそば 19 3 23 9 3 3 60
ベランダなど干す場所 28 9 7 4 5 53
リビングなど別の場所 3 16 32 3 3 3 2 2 64
乾燥機を利用、準備は特にない 2 2
複数の場所で準備 4 5 2 1 5 4 3 5 29

「洗濯機のそばで準備している」人は、「浴室に干す為」や「効率を考えて」が主な理由でした。
「ベランダなど干す場所は、干す準備をする」人は、「効率を考えて」が半数ほどでした。
「リビングなど別の場所で、干す準備をする」人は、「室内干し」が主な理由でした。

【洗濯機のそばで干す準備をする人】
■効率を考えて
・効率的。(他5件)
・動線的に楽。(他2件)
・移動の時間がもったいない、面倒。(他2件)
・その方があとの流れがスムーズな為。
・洗濯機から出したら、そのすぐ側で干した方が早いから。
・ベランダにいる時間を短くするため。
・一旦畳んだりシワを伸ばしてから干したいのと、効率が良いからです。
・洗濯物から出たホコリの掃除がしやすいから。
・大きいカゴ、入れ物がないのでハンガーにかけられるものは洗濯機のそばですぐ掛けたほうが場所も取らず早い気がする。
・他の場所に大量の洗濯物を移動すると効率的でない為そのまま洗濯機から一つずつ取り出して干している。

■作業場所
・干す場所(ベランダ)は暑さ寒さと直射日光がイヤ。干す作業は場所をしつらえて室内で行い、ベランダには洗濯物を干したハンガーなどを運び出すだけで済むようにしている。洗濯機のある脱衣室の天井に、パナソニックの『干し姫さま』という可動物干しを設置したら、干す作業をする上でとても便利になった。
・洗濯槽から取り出して整える。
・干す場所が遠いから。移動する為の洗濯用かごを置いておくスペースがないから

■浴室に干す
・浴室乾燥器を利用するから。(他12件)
・お風呂場に干すから。(他2件)
・夜、干す場所が、お風呂か洗面所なので。
・お風呂場が準備に使えるため。
・ハンガーが近くに収納してあり、そのまま浴室乾燥で干すから。
・浴室乾燥機で乾かすことが多いので、脱衣所にある洗濯機からそのままハンガーにかけて浴室に入れている。
・乾燥無の洗濯の時は、お風呂場に干すため、一番近い洗濯機のそばで干す準備をする。
・その場所でハンガーにかけてお風呂のドア枠にまとめ全てまとめて外に干しに行く。
・洗面所のお風呂のドアにあるポールを利用して掛けているため。

■干す場所で準備
・干す場所が近いから。(他3件)
・洗濯機から出してそのまま干すため。
・ランドリールームに洗濯機があり、そこで干せるから。
・外には干さないし、ゴミが落ちるから。
・天井から吊り下げる物干し用フックを用意しているため。
・他の場所にはハンガーにかけた衣類を掛けておくことが出来ないので。洗濯機の上にランドリーパイプを取り付けている。

■環境
・外は寒かったりあつかったりするので、洗濯機から取り出しながらハンガーをつけて、まとめてベランダで干す。たまに、浴室乾燥を使う。
・ベランダでの作業は、夏は暑く冬は寒いから。
・ベランダに長くいると日に焼けるから。

■他
・昔からの習慣。
・自然の流れ。
・浴室で準備をしている。(1)洗濯機の置き場所に近いから。(2)浴室にある物干し竿を一時的に使用し、ハンガーやピンチにかけてから、ベランダか室内に運ぶことができるから。(3)干す作業をしている間冬は外で干すより暖かく、夏は涼しいので。

【ベランダなど干す場所で、干す準備をする人】
■効率を考えて
・効率が良いから。(他10件)
・すぐに干せるから。(他9件)
・使い勝手がよい。
・準備した洗濯物をすぐにほせるように。時間短縮です。
・洗濯機から出すときに大方ジャンル分けするので、ベランダですぐに干せるから。
・ハンガーの近くで作業をするのは効率が良いと思ったので。
・カゴに洗濯物をすべて入れて干す場所に持っていき、そこでハンガーなどにかけてすぐ干したほうが、効率がいいと思うから。
・一回の工程で済ませたい。
・動線がいいため。

■作業場所
・広いから。
・作業しやすいスペースがあるから。
・そこ以外に準備する場所がないから。
・洗濯機のそばには適当なスペースがないため。
・広いのでしわを伸ばしながら干せるから。
・リビング等でハンガーにかけても置いておく場所がないので。
・洗濯機から洗濯物を抱えて(手がふさがった状態で)ベランダに移動するため、ベランダで準備するほかない。また脱衣所に充分なスペースがない。
・洗濯機のそばにハンガーをかける場所がない。でもベランダに出てカゴの上のものから取ると、なるとうっかり落ちてしまったり、干す時にあっち行ってこっち行ってとなるのも面倒なので、洗濯機から出す際にタオル類、ハンガーもの、それ以外のものの順番で出してカゴに入れてベランダに運ぶようにしています。
・ベランダに繋がる部屋にホスクリーンを設置しているので作業しやすいから。

■干す場所で準備
・ベランダで洗濯物を干すため。
・干す場所が2階なので運んでから準備をする。
・2階に運んでからベランダで干す為。
・ベランダまで距離があるのでかごに入れて2階に移動。
・洗濯機がベランダにありそのまま干せるため。
・洗濯したものをそのままベランダに持っていって、ハンガー等にかけるため。
・外のほうが、パリッと乾くので。

■道具の保管場所
・ハンガー、ピンチ等がベランダにあるから。(他1件)
・そこにしかハンガーを掛ける場所がないから
・ハンガーなどが干場にあるので。わざわざそれ以外の場所で行う理由がない。
■他
・ハンガーなどにかけて干す状態にすると、嵩張って持ち運びに不便なため。
・特に理由はありません。
・何となく(他2件)

【リビングなど別の場所で、干す準備をする人】
■効率を考えて
・干す場所に近いから。
・作業がしやすいので。
・一番干しやすいから。

■作業場所
・広いから。(他2件)
・洗面所スペースが狭い。(他1件)
・スペースとしてやり易いから
・洗濯機から取り出した洗濯物をまとめて置いておく場所があるから。
・外干しと部屋干しを分けるため。
・浴室では狭く、リビングだと干すものを分けながらいくつかの洗濯バサミがたくさんついた角ハンガーに干せるからです。
・家族が頻繁に洗面所に出入りするため、邪魔にならないように移動してハンガー掛け、子物干し掛けの作業を行っている。
・リビングにホスクリーンがあるのでそこで掛けて外干し。
・洗濯機が屋外にあるので、ベランダで急に雨が降り出すと、服が汚れてしまう。また、強風によって服が飛ばされないため。
・バルコニーに隣接しているから
・カゴに入れてバルコニーまで運んでいるため、かけてから運ぶとかさばる。
・座ってやりたいから。
・TVを見ながら作業したいから。

■室内干し
・室内に干しているから。(他5件)
・リビングに干しているから。(他3件)
・リビングに物干しポールがあるから。(他4件)
・エアコンの近くだから。(他1件)
・室内干し用の竿を部屋に設置しており作業が楽なため。
・いつも干している部屋で準備します。準備というほどでもないですが。
・洗濯機が一階で室内干しスペースが二階の為。
・室内の窓のそば。ベランダがさほど広くないため。
・干す手前で準備をしたいから(室内干し)
・部屋干しする場合は、リビングが干す場所だから。乾燥機で乾かしたものは、畳む場所としてリビングの椅子を利用している。
・干して乾燥した後、畳んでしまいやすい場所なので。
・リビングの窓際に物干しがあり、部屋干ししたい物はそのままそこに干すため、ベランダに干す物も全てそこでハンガーなどに掛けて干す準備をする。 ・天気の悪い日はそのままリビングで部屋干しするのと、ベランダがマンションの通路に面しているので、干している所をあまり見られたくない為。
・今の時期は花粉がつかないように室内で干しているから。
・家族がみんな花粉症の為、一年中部屋干し。リビングなのはそこしか場所がないから。
・他の部屋に比べて常時、暖房をつけており、乾きやすいから。夏はベランダ干し。
・冬は乾燥対策になるため。
・冬場は特に乾燥している場所で干している。
・夜の洗濯なので室内干しがほとんどで、その場所で準備する。

■干す場所で準備
・そこしか場所がないです。
・地面に落ちたりしないようにするため。
・干す場所の近くで作業する。

■道具の保管場所
・リビングの端に室内物干しとハンガーが置いてあるため。
・ハンガーなどがあり、ベランダにも近いから。
・ハンガーを置いてあるから。

■環境
・洗濯機の場所は寒いから。
・ベランダは寒かったり暑かったりするので、室内で干します。リビングが一番広くてやりやすいから。
・外で干すと寒いから。またベランダに長く出ていると子どもが間違って窓に鍵をかけることがあるから。

■家族
・子どもから目が離せない、他に色々やりながら。
・子どもの世話をしながら干すため。

■他
・テレビを見ながら準備をする習慣が出来てしまっているため。
・特になし。

【乾燥機を利用しているので、準備は特にない人】
・乾燥機を使用しない時は洗濯機のそばの浴室で準備し、干します。
・ほぼ乾燥機利用ですが、乾燥機にかけないマット類はベランダで、デリケート衣類は、浴室に持ち込み窓を開けて陰干し、準備を含めて行っています。

【複数の場所で準備している人】
■効率を考えて
・移動距離が少ないから。
・洗濯機から取り出して直接かける方が、一つ動きが節約されて良いから。結局かけた物をリビングに移動させるのでその導線を解決したい。また、かける前の物を持っていくカゴの置き場がない。
・時短になればと。
・楽だから。

■作業場所
・ランドリースペースがないから。
・洗濯機に近いところで完結したいが、スペースの問題からリビングでも行う。
・脱衣所より広いから。
・寝る前は洗濯機の隣で、休日の晴れた日はベランダか、ソファの近くでのんびりと準備したい。
・洗濯機の下に埃がたまらないようにするため。

■室内干し
・室内干しの場合は、ハンガーがかけてあるので、干す場所で準備します。ベランダに干す場合は、室内干しの場所でハンガーにかけてからベランダに干しに行きます。
・室内の乾かすスポットは決まっているから。

■浴室に干す
・浴室で干す準備をしています。浴室が洗濯機のそばにあるのと、風呂に物干しがついているため。

■干す場所で準備
・浴室乾燥機かベランダで干すので、干す場所まで持っていっている。
・外の温度や風によっては中干しにしたいので、確認できるから。
・大きなものは,ベランダ。下着などは,風呂場の乾燥時にそこに干すので洗濯機のそばです。
・冬はリビングの暖房機の前(夏は浴室乾燥)。
・干す場所がそこしかないためです。

■道具の保管場所
・ハンガーやピンチを掛けておくラックを置くから。
・ハンガーを洗濯機周りに配置している。子供のものだけ原則室内干ししているのでそこだけリビングでやっている。
・ハンガーが洗濯機の上に吊るしているから、吊るすものは洗濯機のそばで、それ以外は干すところのそばでしています。
■環境
・ベランダで干すと眩しく日焼けも気になるので、ベランダに近いリビングで干す準備をする。
・冬は寒いから室内で、それ以外は気持ち良いのでベランダで。
・冬は寒いので洗濯機の隣の風呂場で干す準備が出来る。気温が高い日はベランダで準備する時が多い。
・冬は寒いし、夏は暑いので長く外(ベランダ)にいたくないから。

■他
・以前からの習慣。
・当たり前と思っているので理由はとくにない。
・テレビを見ながら洗濯物をパンパン叩いてシワ伸ばしをするが、ハンガーやピンチに掛けるのは干す場所でする。
・平日洗濯する場合は、時間がないので風呂場にハンガーを準備して洗濯機から直接干している。休日洗濯する場合は、テレビを見ながら干したいので、リビングまでもっていって干している。
・外干しできる日はベランダ。効率が良いので。部屋干しの日は浴室で干すので浴室に近い洗濯機のそばで。

Q16 洗濯物はどこで、干していますか。(複数回答)

「ベランダなど室外に干している」が、62.5%。次いで「浴室乾燥機を利用している」が、35.7%。室内干し(「室内の窓際に干している」「室内の窓から離れたところに干している」の合計)は、53.3%でした。天候や季節、洗濯物の種類に合わせて干す場所を変えている人は、約半数となります。

Q17 Q16で回答した場所で洗濯物を乾かす理由を、教えてください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

分類 総計
乾く場所による 日光 乾きやすさ 干す場所が決まっている 分けている 衛生・臭い・花粉 加湿 外干しが嫌 乾燥機 効率
乾かす場所 ベランダなど室外 2 23 9 4 5 6 49
室内の窓際 4 1 5 4 3 2 1 20
室内の窓から離れたところ 2 2 8 4 4 1 2 23
室内の窓際と窓から離れたところ 1 1 2 1 5
サンルーム 1 1
洗濯機の乾燥機能 1 1
洗濯機と別の乾燥機 1 1 2
浴室乾燥機 2 8 6 16
浴室乾燥機と乾燥 1 1 1 1 1 5
ベランダに外干しと室内干し、乾燥機は使わない 6 9 3 3 6 4 3 34
ベランダに外干しと乾燥機、室内に干さない 21 6 7 4 38
室内と乾燥機、外に干さない 1 1 3 3 1 1 10
外干しと室内干しと乾燥機を利用 19 5 4 29
合計 35 36 17 21 10 38 14 5 1 1 26 233

「ベランダなど室外に干しをしてる」人の理由は、「日光に当てたい」や「乾きやすさ」が多い。
「室内の窓際に干している」人、「室内の窓から離れたところに干している」人の理由は、「干す場所が決まっている」が多い。
「浴室乾燥機を利用している」人の理由は、「衛生面・臭い・花粉」が多い。

【ベランダなど室外に干している】
■乾く場所による
・出来るだけ外の陽で乾かしたい。乾き切らない時は室内のドア枠に乾くまで引っ掛けておく。
・太陽と風で乾くので。雨天や雪の日はエアコンのランドリーモードを使います。

■日光
・日当たりがいい、日に当てたい。(他11件)
・なるべく自然乾燥したい!
・陽があたり、風があたるので。
・外に干したい。
・雨の日以外は日に当てたいから。
・陽がよく差し込むので、冬でもちゃんと乾くので。
・太陽にあてて乾かすと気持ちがいい。
・外の方が、気持ちが良い。
・お日様に当てて干した方が、気持ちがいいし、乾くのが早いから。
・日当たりが良いので。部屋干しは洗濯物が目障りなので。
・お日様にあてたい。1階で庭がある。
・太陽光が衛生面含めて一番良いと考えているため。

■乾きやすさ
・良く乾く。(他5件)
・一番乾きやすい場所だから。
・乾燥時間が短いと思うため。
・よく乾く。臭いも取れる気がする。

■干す場所が決まっている
・物干し竿がそこにあるから。
・家の中に干す場所がないから。
・ベランダが一般的。
・物干しがおいてあるから。

■衛生面・臭い・花粉
・変な匂いが付かないから。(他1件)
・やはり部屋干しは匂いが気になるため。
・室内だと臭いが気になりなる。
・外に干すのが匂いもなく、コストもかからないから。

■他
・室内干しはしない。
・室内に湿気がこもりそう。外の方が、風が通りそう。
・室外に干した方がいいから。
・最適と考えるから。
・それが普通と思っているから。
・特になし。

【室内の窓際に干している】
■日光
・日当たりがいいから。(他1件)
・日と暖房の風が当たるため。ただテレビの前になるから邪魔。
・日光を浴びるし、エアコンもあるから雨でも晴れていても問題ないから。

■乾きやすさ
・一番乾きやすい場所だから。

■干す場所が決まっている
・ランドリールームに窓があるので。
・室内用の物干し竿がそこに設置されているためです。
・室内物干し竿をオプションで付けたから。
・そこしかないため。
・干す場所が2階なので運んでから準備をする。

■衛生面・臭い・花粉
・花粉症なので、外には干したくない。(他1件)
・日が当たるし乾きが早い。外に干すと臭くなる。
・今はリビングの湿度が低く、早く乾くから。夏はベランダ。今は花粉が付着するのでできるだけ外には出していない。

■加湿
・冬は部屋が乾燥していたり、エアコンを使っていたりで、東向きのベランダで干すよりよく乾くので。
・冬期は部屋の乾燥を防ぐため
・外では洗濯物が凍ってしまうため。室内の加湿にもなる。

■外干しが嫌
・ベランダまで出て干すのが防犯面を考えても面倒。特に冬季は乾燥対策にもなるので。
・1Fなので外には干していない。窓際なのは、そこに物干し竿をかけられる吊具があるから。

■他
・乾かさないと着れない。またしわがおおくなる。

【室内の窓から離れたところに干している】
■乾く場所による
・室内でも乾燥していて乾きやすいので、リビングと和室の間に干しています。(和室に服を収納していて、畳んだ後しまいやすい為)。
・暖房に近いから。

■乾きやすさ
・すぐに乾くから。
・夜寝てる間に渇くから。

■干す場所が決まっている
・洗濯を干す専用の部屋で干している。
・部屋の空いているスペースを使って干しているため。
・お風呂場に干しているが、干しやすい棒が設置されているため。
・洗濯機の近くに何本も干すところがあるため。
・鴨居に物干しピンチを引っかけているから。
・干しやすいから。
・ベランダがない。どうせ着るので、たたむ手間は無駄だと考えているので、干したまま、そのままぶら下げておいて収納にもなるような仕組みにしているから。
・家具配置的に一番都合がよい。

■衛生面・臭い・花粉
・外は衛生的に心配なので。
・外はホコリ、タバコの煙が洗濯物に着く。ベランダに干す前に掃除をするのは面倒とのこと。(妻)。
・花粉、PM、黄砂が嫌なので室内で除湿器使用。
・窓の近くに洗濯物を置くと窓が結露したりして、室内にカビが生える原因になるから。また、窓から離れたエアコンの風が当たる場所に干すから。

■加湿
・部屋の乾燥もとることができるから。
・乾燥防止。
・湿度の保持。
・寝室の加湿も兼ねているから。単体の備え付き室内干しラックがあるから。

■外干しが嫌
・ベランダが道路沿いにあり、干したくない。室内の窓際に干せるスペースがない。

■他
・エアコン風が当たるところ。
・雨などの心配がないから。

【室内の窓際と窓から離れたところに干している】
・その時期一番乾きそうなところで干す。
・室内の窓際に洗濯物を干すポールがあるから。
・部屋の加湿にもなるから。
・ひっかけられる場所で干している。加湿も兼ねている。 花粉症なので外に干したくない。浴室乾燥は乾きが悪く、床が濡れていたり、干しっぱなしにできないので面倒さがある。
・干す場所で準備することが効率的であるため。

【サンルームで干している】
・天気を気にせずに翌日まで干せるので。

【洗濯機の乾燥機能を利用している】
・ほぼ乾燥機ですが、マット類は乾燥機より乾きが早いためベランダ干し。デリケート衣類(生地の質がよいお気に入りの服)は、風圧や紫外線に影響しない浴室で窓を開けて微風を通しながら陰干ししています。また、その際は洗濯はさみの後を残したくないため、洗濯はさみも使用しません。

【洗濯機と別の乾燥機を利用している】
・基本外干しが嫌なので。
・干すための時間が一番かかるので、時短のため引越しを機に乾燥機を購入しました。

【浴室乾燥機を利用している】
■乾きやすさ
・冬場は外に干しても寒くて乾かないから。
・室内に干したくないため。浴室乾燥機で早く乾かしたいため。

■衛生面・臭い・花粉
・戸外だと花粉や排気ガスが気になるので。浴室乾燥もガスなのでコスパが良いので。
・ベランダでも干せるが花粉症対策の為浴室乾燥機で干して水が滴り落ちなければ窓のカーテンレールに掛けて干します。
・花粉や砂埃が気になるから。乾燥機をつかうことで確実に乾くから。
・外に干すと花粉や排気ガスなど汚れがつくため。
・冬場は寒くて外干しはなかなか乾かないのと、マンションが大通り沿いで空気が気になる。また小さい子がいるため危ないのでベランダに頻繁に出たくないい。
・夏は外に干したいが埃っぽいため。また部屋干しスペースがないため。
・生乾きを防ぐため。
・早いし、部屋干しにおいがしない。

■他
・乾燥機は、冬場はめったに使わない、朝までに乾いている。就寝時の部屋の乾燥防止によい。
・夜寝る前に干して、午後帰宅してから洗濯物をとりこむので、その時間だと湿ってしまうことが多く、防犯上の理由からも浴室乾燥機を利用している。
・冬は浴室に干しますが乾燥機は使っていません。夏はベランダに干します。
・放置できるから。
・一番邪魔にならないので。
・柔軟剤の香りがよく残る。

【乾燥機と浴室乾燥機を利用】
・乾きが良い。
・外は埃とか虫がついて嫌だから。
・外干しが嫌だったから。物干し竿とバルコニー外にある窓の距離が近く触れて汚れる。干す前にガラス掃除が面倒くさい。風が強いと洗濯物が暴れる。長いズボンはバルコニー床について面倒。
・夜の間に洗濯が完了するから、雨や花粉などによって洗濯やり直しの可能性がないから。
・ドラム式がラクなため。

【ベランダに外干しと室内干し、乾燥機は使わない】
■乾く場所による
・天気のよい休日など、昼に洗濯するときはよく乾きやすいベランダに干します。普段は、天井からフックが下がってて、物干し竿を通している部屋で干します(夜に選択するから)。
・ベランダは日光が当たっているとき。室内は曇っているときとか、雨が降っているとき。
・室内のエアコンの当たる所が乾きやすいので。
・雨や風が心配でない時は室外干し。心配があるときは室内。
・ほぼ、ベランダだが、天気によって室内の時もある。
・日当たりが良いので外に干す。雨でエアコンかけてる時は部屋干しにする。

■日光
・日光に当てたい。(他6件)
・快晴の日は、ベランダで太陽の日にあてて乾かす。
・太陽の力をかりて干したいから。その方が早く干せる気がする。

■乾きやすさ
・陽当たりが良いから。
・天気がいい日はベランダが早く乾くから。
・乾きやすいから。

■干す場所が決まっている ・昼間は仕事でいないので、室内干しをするしかないのと、室内干しの置き場所がそこしかないから。
・干せる場所がそこしか無いから。
・物干し竿があるため。

■衛生面・臭い・花粉
・花粉の時期が終わればベランダで。日光消毒かねて。今は、花粉がついたら嫌なので室内で干している。
・よく乾くので。室内で干すのは花粉の季節限定。
・子どもが花粉症なので今の季節は基本部屋干しです。
・春先はスギ花粉の付着を防ぐために屋内干し。
・花・粉症の季節は部屋干し。それ以外は外干し。
・浴室乾燥機はあるが、生乾きになる。室内は保湿のため。春は花粉予防もあります。

■加湿
・基本は外で乾かしている。冬で室内の湿度を上げたいときや花粉がひどいときは室内で干す。
・部屋干しで室内の乾燥を防ぐため。
・乾燥する冬は室内の湿度をあげるため。それ以外の時期は乾きやすいのでベランダで。
・室内干しが増えました。理由は、加湿器の代わりにしています。

■他
・素材によって変えます。天候と風などを考慮して室内か室外か分けるぐらいです。
・朝干したものはベランダに、夜干したものは各部屋の保湿対策にしている。
・コスト面を考えてしまうため。

【ベランダに外干しと乾燥機、室内に干さない】
■乾く場所による
・晴天時はベランダ、雨天時は浴室乾燥機。(他9件)
・基本は日光に当てたいから外干し。花粉の季節や雨の時は浴室乾燥機。タオルはフカフカにしたいので洗濯機の乾燥で行う。
・晴れた日はベランダの方が、よく乾く。夜は、浴室乾燥機の方が、生乾きの匂いがしない。朝起きたら乾いてるのが嬉しい。
・太陽の日差しで乾かしたいし、浴室乾燥はガス代がかかるので。乾きにくい厚手のものや天気が悪い日に浴室乾燥機を使ってる
・室内には干せるスペースがないし お日様の力で乾かしたいから。また急いで乾かしたいものは浴室乾燥を使用する。
・天候不順の日と、外干ししても乾ききらない時は浴室乾燥機を使用。
・日当たりのいいベランダなので基本的には外干ししています。花粉がひどい時期や雨の日は乾燥機を使用しています。
・雨の日は浴室乾燥機で干す。シーツなどは洗濯機の乾燥機でかわかす。物干しばかせまい。
・夏場は外。雨の日や冬は乾きにくいので浴室乾燥。
・乾燥機は、生乾きで取り込まねばならない際に活躍。最初から乾燥機で乾かすことはしない。日に当てて良いものはベランダで、当てたくないものは浴室内に干している。24時間換気ユニット兼浴室暖房乾燥機がついている。温風を吹き出す洗濯物乾燥モードもあるが、電気代がかさむので使わない。常温の浴室乾燥モードで半日あれば十分乾く。
・自然乾燥がベスト
・基本、外干し。太陽にあてたほうが気持ちよく乾く。

■分けて干している
・タオルは夜に乾燥機。雨の日は浴室乾燥。基本はベランダで干す。
・季節や天候、生地の種類によって分けています。タオル類は乾燥機で干したものが、一番肌触りが良くなるので、絶対に乾燥機を使います。
・天候、洗濯物の種類によって場所を変える
・丁寧に扱うべき洋服以外は乾燥機。雨の日などは浴室乾燥機。
・平日は干して取り込むことが難しいため、部屋干しもしくは浴室乾燥機。休日に外干しが多い。
・ベランダに干しても乾ききらない時は、浴室乾燥機に掛ける。下着とタオルは、多少縮んでもいいので、洗濯機の乾燥機を利用する。

■衛生面・臭い・花粉
・晴れの日は外。雨の日は浴室乾燥。花粉や汚れは気になりますが部屋干しの臭いも気になるため外が望ましい。雨の場合は仕方ない。
・花粉症のため。
・外はキレイだと思えないからです。排気ガスや大気汚染PM2.5などなど!
・ベランダは、少しでも太陽の日を当てたいから、浴室乾燥は花粉症の季節に花粉が付着しないようにするため。
・花粉の時期は浴室、夏場はベランダ。
・花粉対策。
・雨天や花粉症の時期は、浴室乾燥機を利用する。

■他
・平日は夜洗濯機を回すため外に干しても乾かないため浴室乾燥を使用。休日は明るいうちに洗濯機を回すことが出来れば、室外に干すことが出来る。ただし、花粉が飛散している時期は、室外に干せないため浴室乾燥を利用。
・そこに干せるから
・週末にまとめて洗うので、ベランダに干すだけでは乾かす場所が足りないため。
・帰りが遅いので、休みの日以外は夜洗濯して浴室乾燥機でタイマーをかけて寝ます。

【室内と乾燥機、外に干さない】
・季節により分けてます。湿度が高い時期は、浴室乾燥。フロアを加湿したい時期は、リビング。
・エアコンの風が当たるから、量が多い時は浴室乾燥機を使用する。
・仕事から帰った夜間なので。タオル類はフカフカにしたいので乾燥機使用。シーツや毛布は場所を取るので浴室乾燥機。
・乾燥機に入れられないもの(少数)のみ南向きの和室で干しています。乾いたらたたむものもあれば、そのまま次に使用するまでつるしておくものもあるため室内で干しています。
・乾燥機にかけたくないものは浴室乾燥機をしているお風呂場、もしくは暖房を付けたリビングに干す。外には干さない。
・家族がみんな花粉症の為、一年中部屋干し。リビングなのはそこしか場所がないから。
・外の空気が臭い為。
・1階なので下着が盗まれないように。また虫がつかないように。
・室内の加湿、陰干し、浴室の乾燥のため。
・乾燥機を使えないものをほす。

【ベランダに外干し・室内・乾燥機を利用】
■乾く場所による
・天気等を考慮して干し分ける。(他4件)
・晴れていれば日光に当てたい、それが無理な場合は、暖房使用中は室内、湿度が高いときは浴室乾燥機を使用。
・基本はベランダで自然乾燥。天気が悪い日と花粉の季節は室内、乾いていなければその後浴室乾燥。
・ベランダに干すのは、夏場に短時間で乾かせるから。室内干しは、冬場のリビングを加湿するため。乾燥機を使うのは、タオルをフワッとさせたい時と雨天時。
・花粉、天候により室内干しになり、その時はリビングの間仕切の鴨居が暖かく、冬には湿気の調節も可能な為。リビングに干せないときは浴室を使います。
・晴れてれば日に当てます。気持ちいいから。雨の日や風の強い日は、室内で干します。浴室乾燥機は梅雨に使うことがたまにありますが、ほぼほぼ使わない、使いたく無いです。
・天気が良ければ外で干したい。冬は乾かないことが多いのでエアコンの下にポールを取り付けて干している。エアコンも付いていないときは浴室乾燥機。
・天気が良ければベランダでしっかり乾かすため、天気が悪かったり、夜間の場合は仕方なく室内、そして急ぎたい場合や布団のシーツなど大きなものは浴室乾燥機で時短を図るため。
・天気や陰干しの必要性によって干す場所を変えているから。
・雨が降らない時はベランダに干し、風雨が強くてベランダに干せない日は室内に干し、それでも乾かない場合には浴室乾燥機を使用する。
・晴れた日は外。雨の日、暖房をかけているときは室内か浴室乾燥機。
・天気に左右されずに干せるから浴室だが、天気が良ければ外、細かいものは室内に干している。
・その時の季節や洗濯物の量によって使い分けている。
・晴れている日は基本外に干している。太陽光にあてて滅菌・殺菌。雨の日は室内もしくは浴室。湿気が多いときは浴室内で乾燥機を使うこともある。花粉の多い時期は、花粉に弱い家族の者だけ室内に干すこともある。
・晴天時は日光にあてられるから。花粉時期、雨天時は室内のエアコンや扇風機を使用して乾かすことができるから。タオル等は乾燥機を使用した方がふんわりと乾くから

■干すものによって分ける
・天候が良い日はベランダに干し。花粉が多い時期と雨や風が強い日は室内のランドリーポールと浴室乾燥を使います。下着や素材がデリケートな物はいつも室内干しです。
・夜に洗濯する時は部屋干しなので。天気のいい日は外干し。タオルは乾燥機。
・ベランダが1番気持ち良く乾くと思っている。下着などは窓際部屋干し。雨の日などは乾燥機。
・ベランダは、乾燥機NGのもの、室内はドライクリーニング、その他は乾燥機利用。
・(1)出来る限り室外に干す (2)雨の日、花粉の時期はLDの窓際に干す (3) 洗濯物が多く(1)(2)で干しきれない場合、浴室乾燥を利用する。

■衛生面・臭い・花粉
・数が多いため、花粉対策もある。
・花粉飛散の時期と雨の日は室内干し+乾燥機を使用し、それ以外は室外干し。
・天気や花粉を考慮して基本は浴室乾燥だが、乾きが早くて数が多い子供分だけ室内干ししている。
・花粉・天気・急ぐ場合。

Q19 洗濯物は、主にどこでたたみますか。(複数回答)

「リビング」が63.7%と多い。「タンスやクローゼットなど、しまう場所の近く」が18.9%。
洗濯をたたむかどうかは、「全てたたまない」は2.7%で、「たたむものと、たたまないものがある」は24.1%。

Q20 Q19で「たたむものと、たたまないものがある」「全てたたまない」と回答した方にうかがいます。なぜたたまないのか教えてください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

分類 総計
効率を考えて シワにならないように 収納面で 種類によって 後工程がある為
19 6 28 23 4 80

たたまないものは、収納面で「ハンガーにかけたまま収納するから」という理由が多く、次いで、種類によって「たたむものとたたまないものがある」、「効率を考えてたたまない」という人が多い。

■効率を考えて
・手間・面倒・時間削減など。(計8件)
・またすぐ使うから。(他1件)
・すぐに使うものはたたまずラックにかけるから。
・少数ですがそのまま着用するため。
・カットソーなどは、ハンガーに掛けて、干し、そのままクローゼットに片付けるのが、一番手数が少なく時短なので。
・ハンガーのままの方が楽だから。
・頻繁に使うものはハンガーにかけたままにしておくので。
・すぐに着る服がほとんどなので、たたむ行為が無駄に感じるため、ハンガーにかけっぱなしで保管している。
・どうせ広げるものをたたむメリットがないため
・どうせ着るので、たたむ手間は無駄だと考えているので、干したまま、そのままぶら下げておいて収納にもなるような仕組みにしているから。
・たたむ必要性が感じられないものにいちいち時間をかけていられない。

■シワにならないように
・たたむと皺になるものやかさばるもの、ワンピース等はハンガーのままクローゼットにいれるため。
・畳むとシワになるものもあるから。
・ハンガーにかけたまま収納すると、シワになりにくいし、次に使う時にも見つけやすく便利だから。
・主人のシャツやブラウスなどは、たたむとシワがつくので、ハンガーにかけたままクローゼットにかけます。
・畳みシワがついてほしくないものはハンガーにかけて収納するから。
・シワになるのを防ぐために吊るした方が良いから。

■収納面で
・ハンガーのまま収納するから。(他24件)
・たたまずに、「使用する場」のそばにかけたり,敷いたりしています。
・たんすにしまう物、そうでないものがある
・WICがあるから

■種類によって
・ワイシャツ・襟付きシャツ・カットソーなどはハンガーのまま。(計11件)
・上着はハンガーにかけたまま収納するから。(他1件)
・ワイシャツやカーディガン、ジャケット、コートなどは、ハンガーに掛けて収納している為、干したまま畳まない。
・襟や、裾に織りジワがつきそうなものは、たたまず、洗濯とは、別ハンガーにかけ直してます。
・シャツは着る回数が多いので、ハンガーに掛けたままが多いです。
・襟が折れないようにするため、スカートがひだにならないようにするため。
・ワイシャツヒートテック、靴下や下着などはすぐ使うから。
・下着や肌着などは畳まず、専用のボックスに投げ入れる。
・パジャマなどは着回すサイクルが早いのでハンガーのままにしてある。
・作業着など、休み明けすぐ着るものなどは、たたみません。
・スポーツでつかうインナーやユニフォームなどはハンガーにかけて収納するから。
・ハンガー収納している衣類は、畳まずに所定の場所にかけるからです。

■後工程がある為
・後でアイロンをかけるため。
・ワイシャツ、ブラウス類は、たたまずアイロンをかけてハンガーかけしています。
・シャツ類はアイロンをかけるので、ハンガーにかけっ放しにしている。何枚かまとめて、週末にアイロンがけをしている。また、アウターもハンガーにかけたままにして、そのままクローゼットに。
・畳まない服はハンガーに又後でアイロンをかけたい服も取り急ぎハンガーにかけておく。

Q34 コロナ禍でクリーニング代に、変化はありましたか。

「以前と変わらない」が、74.7%。以前より減った人(「以前の半額以下になった」「以前より多少安くなった」の合計)は、27.7%。

Q35 コロナ禍における、クリーニング代の変化の要因は何でしょうか。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

分類 総計
在宅勤務の為 外出が減った 節約の為 素材の変化 自分で洗う
クリーニング金額 以前の半額以下になった 17 12 1 2 1 1 34
以前より多少安くなった 16 9 1 26
以前と変わらない 2 1 3 18 24
以前より多少増えた 1 1

「以前の半額以下になった」、「以前より安くなっている」人は、「在宅勤務が増えた」や「外出しなくなった」が、主な理由です。
他に「クリーニングに出さなくてもいい素材の服を選んでいる」や「自分で洗うようにしている」という声もありました。

【以前の半額以下になった人】
■在宅勤務の為
・スーツを着なくなった。(他7件)
・在宅勤務が増えた。(他4件)
・ワイシャツを着る回数が減った。
・在宅勤務が増えてスーツ類を着る機会が激減し、クリーニングに出す必要のない服を着る機会が増えたため。
・在宅勤務が増え、今まで通勤で夫が着ていたカッターシャツは毎回クリーニングに出していたが、今はたまになので自宅でアイロンまで頑張ることにした。また、妻である私の通勤着も在宅が増え着る機会が減った。
・在宅の日、スーツを着なくてよくなった。スーツは毎日洗えないので、コロナ時代に合っていないと思う。

■外出が減った
・外出が減った(他6件)
・外出着を着なくなった。この夏など、シルク混じりのストール以外、婦人物は出さずに済んでしまった。
・どうしても洗濯機で洗えないものだけをクリーニングに出すようになったから。あと、フォーマルな服を着る機会がなかったから。
・スーツ、コートは、ほとんど着なかった為、クリーニングに出さなかった。
・冠婚葬祭が減ったから。
・イベントがないので、クリーニングに出すような服を着なくなった。

■節約の為
・あまりそこにお金をかけたくないという考えが働いているため。

■素材の変化
・数年前から、自宅で洗濯できてアイロンがけもいらない素材の服にシフトしていたところに、在宅勤務が主体になり外出機会が大幅に減ったので、クリーニングのニーズがさらに減った。
・スーツにしても家で洗えるような楽なスーツを購入した。

■自分で洗う
・在宅勤務で時間が出来たので、クリーニング用洗剤で、自分で洗う様にしている。

■他
・利用回数が減った。

【以前より多少安くなった人】
■在宅勤務の為
・スーツを着なくなった。(他5件)
・在宅勤務が増えた。(他3件)
・ワイシャツを着る回数が減った。(他3件)
・リモートワークにより、着用する機会も少なくなり汚れなくなった。また、飲み会もなくなったので汚さなくなった。
・クリーニング屋の割引の日を使うようになった。

■外出が減った
・外出が減った。(他3件)
・特に仕事なども変わらないのですが、おしゃれして出かける事や旅行がなくなった分そういった服を着る機会が減りました。
・外出の機会が減り、着用しない服が増えたため、必然的にクリーニングにお願いする服が少なかった。
・クリーニングに出すスーツやワンピース等の外出着の着用がかなり減ったため。
・クリーニングする服を着ていないのと、最近自宅で洗濯できる服が増えたから。
・フォーマル服を着る機会が少ない。(冠婚葬祭、イベントなど)。

■自分で洗う
・お出かけが減ったので家で洗えるのであれば洗います。

【以前と変わらない人】
■在宅勤務の為
・テレワークで家にいるから。
・出社頻度。

■外出が減った
・外出せず,日常着のみの生活です。

■節約の為
・節約。
・コロナが理由でお給料が減った場合、クリーニングにかけるお金を減らそうと考えてしまう人が多いのではないでしょうか。

■他
・仕事の状況が変わらないためクリーニング代変わっていない
・ダウンコート類しか出さないのでわからない。
・綺麗好きになったから
・需要が増えたため
・もともと殆んど使っていない。(他1件)
・変化なし。(他6件)
・わからない。(他4件)

【以前より多少増えた人】
・家にいる時間が長くなったことで気になるようになった。

Q44.あなたが親に聞いたり、自分で閃いた洗濯の習慣や便利な道具、日常的にしている洗濯のコツやアイデアがあれば、教えてください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

洗い方 干し方 洗剤 道具 洗濯機 節約 洗濯という行動に対して
18 25 14 19 7 2 10 95

干し方や洗い方に関する工夫や、役立つ道具や洗剤に関する紹介も多く頂きました。

■洗い方に関する工夫
・プリントされている服やポケットのあるものは裏返して洗って干す。出来るだけ弛まないようにピンと張って干すと乾きが早いし皺も少ない。
・ジーンズは裏返して洗う。
・ファスナーは閉じて洗濯する(ずれてしまうから)。
・傷みやすいものは裏洗い、陰干し。
・型崩れしないようにネットに入れる。つけ置き洗いはぬるま湯で洗剤を入れる。
・ジムで着たウェアなどは、洗濯ネットに入れて、そのまま洗濯機回せるから便利です!
・よごれの落ちにくいものは浸けておいてから洗う。
・お湯で洗った方が、汚れが落ちる。
・襟袖汚れに、超音波ワォッシャーを洗濯前に使い汚れを浮かす。
・上靴、よごれた物は、浸け置きしてから洗う。
・洗剤は洗濯機の中で溶かしてから洗濯物を入れる。水はいつも多めに手動で設定する。
・洗濯層に水をある程度溜めて、洗剤を入れて泡を立ててから、重たい洗濯物から入れて洗濯する←テレビでみた。
・洗濯機にはバスタオルなどの重い物から入れていく。
・水を多めにする。
・濯ぎはしっかり2回以上、水は多め。
・洗濯を2回に分けて、1回目は乾燥でしわくちゃになりたくない服を中心にして、浴室乾燥をかける。2回目は乾燥機付きで洗濯機で回す。かなり時短になって、夜の間にすべてが完了する。雨や花粉の影響を受けない。
・手洗いできるものはすぐしてしまう。
・以前は種類に分けてネットに入れていたが、ネットだけでもかなりの洗濯量になっていた。ネットをやめ仕分けもやめたら洗濯がかなり楽になった。

■干し方に関する工夫
・手押しして干す。
・干す前によくパンパン叩く。
・なるべく早く乾くように干す。
・干す前に1度畳んでから干すとシワが綺麗になる。
・乾すときにシワを伸ばす?
・洗濯が終わったら、一度洗濯物を広げて手でシワを伸ばして干すと、乾いたときにシワがなくて畳みやすい。
・Tシャツやブラウスはアイロンの手間を軽減するため、ちゃんと畳んでよく叩いてから干す。
・シャツやハンカチなどは、干す際にピンと生地を伸ばすようにして干すとしわにならない。
・干すときにシワをのばして干すこと。
・ワイシャツは脱水が終わる5分前に取り出すとシワがつきにくい。
・麻が入った衣類は乾燥機にかけたり、日差しの強い室外に干すとシワになるので、乾燥機にかけずに干す段階でできるだけシワをのばして陰干ししている。
・アイテム毎に干すと、畳んでしまう時に楽。干した時に、下のラインがガタガタにならない方が(短い物と、長い物をたがい違いに干さない方が)乾きが早い。
・衣類のアイロンがけは洗って干す前の濡れた状態が、一番きれいにシワが取れる気がする。
・ピンチハンガーに干すとき、外側に長物・中央に短い物を干すと乾きやすい。
・手際良く綺麗に見せる様、タオル類は整列する様にタオルだけで干してます。また、乾きが早くなる様に隙間や間隔にも気を付けています。
・コツ:ニットが伸びないような干し方。空気が通りやすく乾きやすい干し方(洗濯物の間隔)。
・靴下はペアで干して、乾いたら外すと同時にタンスにしまう。
・毛布などの厚みがあるものは、斜めにずらして干すと早く乾く。
・靴下ハンガー(100?の)を使っている。かけたまま干しそのまま取り込む。フードは広げて干す。袖が厚いものは逆さに干す。
・ハンガーで干して、そのまま収納。下着タオルなど風呂上がりに使うものは脱衣所に家族全てまとめて収納。
・どうせ着るので、たたむ手間は無駄だと考えているので、干したまま、そのままぶら下げておいて収納にもなるような仕組みにしている。
・柔軟剤は界面活性剤がはいっているので使わない。その代わりにタオルは干す前に何度もばさばさする。洗濯機が終わってからなるべく早く干す。いっかい洗った後に脱水だけ余分にする(傷みやすいニットなどは先に出しておく)。
・基本的に在宅が続く日は昨日着た服を、お風呂の乾燥完了後に着る。畳む時間もなくて着れる。我が家ではそれを『もぎたてフレッシュ』と呼んでいる。
・冬は夜部屋干しをすると部屋の湿度を保てる。朝には乾いていることが多い。朝の忙しい時間に洗濯をしなくて済む。
・送風機で風を洗濯物にあてるようにしている。

■洗剤に関する工夫
・せんたくマグちゃん のマグネシウムの力ですっきり洗濯できる。色々試して、気に入った洗剤、柔軟剤を決めて売り場で迷うストレスをなくした。
・洗濯マグちゃんを使っている。
・ウタマロせっけん。
・子どもの泥汚れはウタマロ石鹸で予洗いしてから洗濯機にかける。
・エリ汚れなどは固形洗剤で落としている。
・汚れものは洗浄力の強い粉洗剤でつけ置きしてから、ブラシでこすって洗濯する。
・オキシ漬けは、夜浴槽の残り湯を利用して漬けて、朝洗濯機に放り込むだけでガンコな汚れも落ちているので欠かせない。
・袖口、えり廻りは事前に染み抜き洗剤をかけ、少し時間を置いてから洗濯するとよく落ちる。
・食事の汚れがついた場合は食器用洗剤で下洗いする。経血で汚れた場合は専用の洗剤を使ってもみ洗いする。
・みなさんされていると思いますが、子どもの食べ物の汚れは食器用洗剤で下洗いしています。
・皮脂汚れには粉洗剤の方がよく落ちる。
・洗濯機でニットを洗う場合、おしゃれ着洗いの洗剤を多めに入れると縮が少なくなる。今の洗剤は良くなっているから多く入れなくてもいいのかもしれませんが、水の量など量れないので、今でも多めに入れている。
・酸素系漂白剤を毎回使うと、洗濯機が汚れにくい。
・柔軟剤は毒なので使わない。併用している過炭酸ナトリウムや重曹は、熱めのお湯で溶いてから洗濯槽に入れる。

■道具に関する工夫
・100均の洗濯板。
・マイクロバブル発生器具を取り付け、洗濯物・洗濯槽の汚れが取りやすいようにしている。
・洗濯ネット、バスタオル専用ハンガー。
・バスタオル用のハンガーを使用して干す場所を増やす。
・パーカーのフードを乾かせるハンガー。
・パーカーを干すのによいハンガーがあります。角ハンガーの干し方は、中央が短くなるように考えて干しています。
・最近のハンガーは便利なものが多い。
・スタイリストの方がおすすめしている、ドイツ製のハンガーを使っています。適度に引っ掛かるので、カットソーの着崩れが少なく、干したまま→収納、が出来てます。
・7本のハンガーがひとつになっている7レンガー、というハンガーを使っています。家にはこれが2本あるので2つ使うと14本のシャツを片手で持つことができます。家での洗濯はこれがないと始まりません。何回もリピしています。
・道具:ハンガーは100均の全て同じ形のものを使う。
・靴下ハンガー(100?の)を使っている。かけたまま干しそのまま取り込む。
・セーター等のための平干しネットに、下着などの小物を干すことで、洗濯バサミに挟む時間を短縮している。
・靴を干すとき、針金ハンガーを折り曲げてかけられるようにしている。
・洗濯バサミは紐に挟んで、バックのように肩にかけて使う。
・物干しに関する用具は劣化しにくいステンレス製を使用している。
・ホスクリーン。
・脱衣室の収納の扉の取っ手が下向きのフック型だったのを、クルリと上向きに変えた。ワイシャツなどをハンガーがけするための、ハンガーを掛けるフックになり、とても便利。それまでは天井から吊るす物干し竿にハンガーを掛けて作業していたが、扉のフックに掛けると揺れないし、高さも丁度よく、作業効率が大幅にアップした。
・リビングの壁に洗濯ローブを付けた。冬はベランダが使えないので室内干しに便利。使わない時はローブをしまっておけば気にならない。お風呂で干していた時もあるが、家族のシャワー時間がまちまちなので使わなくなった。
・洗濯物が風に飛ばされないようにプラスチックの鎖と洗濯バサミを利用しハンガーを止めている。厚手のものは出来るだけ風通しが良くなるように干している。

■洗濯機に関する工夫
・洗濯機を大容量にして一回量を増やした。
・洗剤自動投入洗濯機の使用。
・最近洗濯乾燥機に切り替えた、仕事しながら毎日の洗濯が苦痛だったが干す時間が短縮されかなり楽になった。
・以前はドラム式洗濯機を使っていたが、干す作業がなくてとても便利でした。
・乾燥機。洗濯を干す作業のための動線が無くなりまた天候関係なく乾かせる。とても便利。子育てしているひとにはオススメの家電だが単体の家電としては種類が少ない。ドラム式はすべてが終わるまで取り出せない、(別々であれば同時進行で大量の洗濯が可能)かつ洗濯物が痛みそう。
・乾燥機を使う、のみ。
・洗濯機とは別に乾燥機を使い始めましたが、非常に楽です。世帯人数が多いので今までの冬や梅雨時期は特に乾かないストレスがありましたが今は乾燥時間が1時間弱なのでストレスがありません。

■節約につながる工夫
・クリーニングに出す服は買わない。
・纏めて洗う事により、水道代・洗剤・柔軟剤や電気代が節約できる。

■洗濯という行動に関する工夫 ・洗濯はほとんど洗濯機がやってくれて自分でやることはほとんどありません。
・洗濯するかしないか考えず、とにかく毎朝洗濯機を回す。洗濯用洗剤や柔軟剤を変え、楽しむようにする。
・毎日ためずに洗う、ためるから沢山しなくてはならないから。
・干場が限られてるので、こまめに洗濯をする。スペースを空けて干す。
・週末に溜め込まず、水曜あたりに必ず1回洗濯をすること。その方が週末含め、それなりの洗濯量で済むため。
・洗濯物を溜めると自分がおっくうになっていくため、毎日習慣付けている。
・洗濯物は溜めないけれど雨の日には乾きにくいものは洗わない。
・大物の毛布や布団やダウンジャンパーはシーズン終わりにコインランドリーを利用する。
・ほとんどのものが家で洗濯できると聞いたので、調べてから洗濯をするようになった。なのでクリーニングはウールのコートやスーツしかなくなった。
・下着類を頑張って畳もうとせず、適当に。

Q45.洗濯に関して、住宅設計におけるご意見があれば、お聞かせください。(フリーコメント)

フリーコメントを、キーワードで分類

洗面所を広くしたい 作業スペース・ランドリールームが欲しい 洗濯機のそばに干したい 洗濯機置場に関する要望 洗面所に収納が欲しい 動線をよくしたい 日当たり・サンルーム 室内干しの要望 ベランダに関する要望
11 12 7 15 17 15 11 9 14 12 123

洗面所に関しては、「収納が欲しい」「広くしたい」「洗濯をするための作業スペースやランドリールームが欲しい」「ドラム式洗濯機を考慮したスペースにして欲しい」などの要望がありました。
また、「サンルーム」や「南向きの室内に洗濯を干したい」という要望もありました。

洗面所を広くしたい
・洗面所は広い方が良い。(他1件)
・洗面所スペースが少し狭い。
・脱衣所の収納は大きければ大きい方がいい。
・洗濯機置き場のスペースそのものが狭く、洗濯物、洗剤などの置き場の場所がもう少し広いと助かる。(他1件)
・狭いしベランダまで遠い。
・洗濯機と洗濯物のスペースは広い方が良い。洗濯物を置いておけるスペースがほしい。
・パウダールームに、洗濯前の衣類などの置き場所や、ハンガーなど洗濯グッズを仕舞うスペースがあるといいです。
・もう少しパウダールームが広ければいいなと思います。
・洗濯物を洗濯機に直接入れる方もいるのかもしれません。でも子どもがいるとなると汚れ物を直接入れて後で出すのは難しいし、忘れるし、汚れるし、洗濯機に直接入れない人の方が多いんじゃ?と思います。収納が欲しいから洗濯機上は他のものも置きたい。なので我が家は洗濯物を入れるカゴは細身のものを購入し洗濯機の前に置いてます。脱衣所狭いです。子どもが大きくなって洗濯物が収まるか不安です。もう少し洗濯カゴの存在を考えてもらうと嬉しかったです。

■作業スペース・ランドリールームが欲しい
・たたむための部屋があるといい。
・共働き等で、室内干し必須の方は、可能ならランドリールーム(干すスペース)を設けたほうがいいと思います。
・毎日ストレス無く楽しく出来る様に、ランドリールームか広めのスペースがあると良い。
・ランドリースペースが広めの設計。シーツ等が干せるスペースがあれば尚よい。
・広いランドリールームには憧れますが、それを維持するためには掃除もしなくてはいけないので、凹凸や隙間がなくフラットな掃除のしやすい場所がいいです。
・浴室、洗面所と直結の洗濯部屋がほしい。洗濯機置場と干すスペース(花粉症があるので室内干しでも乾きやすい)、台があってたたむ、アイロンまで完結する部屋。
・洗濯機横のファミリークローゼットや、室内干しスペースやアイロンがけなどの作業台がなど、広々としたスペースがあるとそこエリアで洗濯周りの作業が完結するのでいいなと思います。
・洗濯機周辺で干すから収納やアイロンがけまで出来れば良いと思います。
・洗濯機周りで干す作業ができるよう、ハンガーフックや可動物干し竿、干し具の収納スペースなどをあらかじめ作りつけるべき。拙宅ではマンションリフォーム時にそのようにして、以来、洗濯へのストレスが大幅に軽減された。
・洗濯前の物を置く場所が欲しい。洗濯機から直接出して干して乾かす畳むと一連の行動が一か所で行えるスペースが欲しい。
・洗濯専用の室内部屋(洗濯機、物干し)がベランダ付近に欲しい。
・スチームアイロンを利用しているので、利用しやすいハンガー掛けがリビングにあったら嬉しい。

■洗濯機のそばに干したい ・全自動洗濯機を鑑み、上部は十分なスペースをあけ、干したハンガーをかけられるようにすると良い。
・洗濯を引っ掛ける場所がもう少しあると良い。
・洗濯機から取り出しながら干せたらいいのに…。
・洗濯機の傍に物干しできる場所が欲しい。
・洗濯機近くに室内に干せる場所がほしい。
・天井着脱式のフック、おすすめ。
・雨の日の洗濯を干すスペースまたは設備が洗面所に欲しい。

■洗濯機置場に関する要望
・洗濯機置きスペースはドラム式のことも考えて余裕がある方がいい。(他2件)
・ドラム式を使うことを考えれば洗面所の広さは多くとるべきではないでしょうか?また、洗面所の入り口も幅があるとよいです。クローゼットが広いのは魅力的。
・洗濯機が置いてあるスペースは広いにこしたことはないです。
・ドラム式の洗濯機で乾燥機をまわすと、洗濯機の後ろにほこりが大量に溜まる。掃除しやすいように、洗濯機が動かせるか、掃除機が入るなど掃除がしやすくなっていると嬉しい。
・洗濯機の位置は風呂の残り湯用のホースが届きやすい位置にほしい。
・洗濯機を置くスペースに選択肢があっても良い気がします。水回り=まとまってる、の一択じゃなくても。あと、いちいち買い替える度に洗濯機や冷蔵庫のサイズ(縦横幅)をいちいち気にしないといけない、扉や廊下、置き場の広さをもうちょっと何とかしてほしい。
・乾燥機を単体で別に置いているので洗面室がとても狭い
・コンセントや水道の蛇口の位置が洗濯機に合う位置であるか。
・洗濯干し場の横に洗濯機があるとよい。脱衣場にあるデメリットとして、・水を含んで重くなった洗濯物を運ぶより、洗濯前の衣服を運んだ方が軽い・導線。洗面所に行くのが、汚れ物をまとめて運ぶ一回のみになるので楽。 (洗面所にある場合は二回行かなきゃいけない) 洗面所って遠いので。
・脱衣所と洗濯室を別にしたほうがいい。
・脱衣場に無い方がいいと思う。別のスペースに欲しい。
・洗面 洗濯機を隠す。棚設置。
・玄関から見えない場所が良かった

■洗面所に収納が欲しい
・洗濯物をおいて置けるスペースが小さい。引出し台の折り畳み式とか作ってもらいたい。
・洗剤置場や洗濯物が置ける収納スペースをもう少し広く取れると良いと思う。以上妻の意見でした。
・洗濯機の上のスペースに収納か、棚などがあると嬉しいです。
・洗濯機の周りに便利に干せる竿や収納スペースの工夫があると魅力的。
・洗濯機の横に棚があると洗剤を洗濯機に入れる時、洗剤のボトルを置ける。ハンガーやピンチをぶら下げるバーが付いてると片付けに便利。現在は突っ張り棒などで、自分で設置してます。洗濯物分別のボックスも有ると便利。
・ピンチハンガーを洗面所の表に出しておきたくないので、洗濯機上の収納の中に、ハンガーがかけられるパイプが1本あったら良いと思った。
・脱衣室は狭いので、洗濯機置き場の上部に収納棚があるとよい。
・コンパクトマンションの場合、洗濯物を保管するスペースがあれば良い。ドラム式ではなく縦型の場合、ドアが上段のポールに当たる事もあるので想定して設計して欲しかった。
・脱衣所に、干す棹がついており、さらに、その棹が戸棚の中につながっており、そのまま、ハンガーを収納できて隠せる仕組みがあれば最高です。
・ハンガーのまま収納することが多いのでハンガーパイプが多い方が嬉しく思います。
・ハンガーをつるせてしまえる扉付きのスペースを洗濯機の上に作りたい。
・脱衣所に収納は多いと助かると思います。
・タオル等洗濯物の収納含めもう少し広いとありがたい。
・洗面所に服の収納スペースがたくさんあると良いが、湿気など保管環境も気になるので、その辺りの対策が出来た住宅を望む。
・洗濯機置き場の周辺に大型のハンガーラック等がしまえる収納スペースが必須。干すときにハンガーが掛けられるポールや収納可能なワイヤーがあるととても便利だと思います。
・洗面所にはタオルと下着や部屋着を入れるクローゼットがあれば使いやすいと思います。引き出しタイプですと取り出しやすく整理しやすいと思います。
・洗濯を干すハンガー類自体(ガラガラ)が収納しづらいのでその改善と、それらを収納できる画期的なスペースを思いついた人は素晴らしいと思う。

■動線をよくしたい
・動線が重要。
・洗濯~干す作業の動線がスムーズになるようにする。
・洗濯機を干す場所の近くに設置できること。
・洗濯機と干すところが近いといい。
・洗濯機は干す場所と近い方が良いと思う。階数が違うと大変そう。
・洗濯機と干す場所が近いこと、洗濯機と洗濯前品や洗濯後の収納が近いこと、アイロン掛けスペースも近いこと等。
・洗濯場→ウォークインクローゼット→物干場(ベランダがある部屋)と繋がっているのが理想。
・狭いしベランダまで遠い。
・水場と干すスペースが近いのが理想的だとは思いますが、都市部以外では水回りを二階にするメリットがあまりないと感じます。水回りと干すスペースの距離を近付ける設計を依頼してもなかなか満足出来る解決法を聞けません。良い案はあるのでしょうか。
・キッチンの近くに洗濯機を置きたい。
・キッチンとつなげると動線がよい。
・キッチンと洗面所が扉で開閉出来て繋がっているとよい。
・洗濯ものをためる場所・洗う場所・干す準備をする場所・干す場所は動線上にあるが、たたむ場所・しまう場所が動線上にない為繋がっていると、良いなと思う。昔の戸建てによく合ったキッチンと洗面所がつながっている間取りは意外と便利だなと一人暮らしして思う。
・マンションの場合、洗面室に洗濯機置場を設けるのがほとんどだと思います。これだと比較的バルコニーまでの動線が長くなりますので、干す際のストレスが大きいのかもしれません。自宅は戸建てですが、洗濯機置場をキッチンに設け、キッチンからはダイニングと廊下を介してリビングへの2WAYとしたので、バルコニーへの動線でストレスを感じたことはありません。キッチンはオープンですが、洗濯機置場はクローズにしましたので、お客さんが来ても気にする必要もありません。アイロンがけや、洗濯物をたたむためのミセスコーナーのような部屋があると良いなと感じてます。
・戸建ての設計を考える場合、洗濯と物干しは同一平面上が好まれるように思います。(上下動線とならないように、1Fもしくは2Fのどちらかで完結するような設計は、もう普通でしょうか。)

■日当たり・サンルーム
・日当たりが良いと洗濯が気持ちいい。
・洗濯機置き場を南側など、日当たりの良い所に作ってもいいのでは?
・壁にとりつけられる物干し竿が部屋に設置できると、床に物干し竿を置かなくて済むので便利。できれば南側の日当たりの良い部屋に物干し竿を取り付けられるスペースが欲しい。
・花粉や雨、紫外線を気にせず、優しい日差しで洗濯物を干すことができるとありがたい。簡単に開閉できる日除けシェードがベランダに設置してあると嬉しいです。
・サンルームが欲しい。(他1件)
・サンルームはいいと思う。
・部屋の3分の1でいいから、サンルームがあれば良かったなと思いました。
・人目から離れた専用サンルームがあれば理想。他、陽があたるが洗濯物が見えにくいガラスなど。
・ベランダをサンルームにしたい
・ベランダが二面あるがひとつはほぼ活用していない。(駐車場側狭い方)ここがサンルームとかだったらよかった。

■室内干しの要望
・部屋干しがしやすい設備、物干し竿をかけられる丈夫なフックで収納可能なもの等。
・室内に洗濯物を吊るせるポールが欲しい。
・室内干しする際のスペースや引っ掛ける部品など、生活動線を考慮してデフォルトで設計して頂くと良いと思う。
・室内に物干しが欲しい。できれば、天井埋め込みや壁へ埋め込まれているタイプ。使うときだけ引き出して、普段はすっかりさせておきたい。
・部屋干ししたいが引っ掛ける部分が少なくて困る。
・以前住んでいたマンションには天井から吊るすタイプの部屋干し用の竿があったのでとても便利でしたが、現在住んでいる所にはついてないのが残念です。暑い時期や寒い時期には室内でハンガーにかけたりピンチにつけて、それを外にかけるだけで済んだので便利でしたが残念です。
・浴室内に干せるツールがあることは、利用するしないに関わらず、安心感に繋がります。我が家は普段あまり利用しませんが、梅雨、花粉、量が多い時には重宝してます。
・マンションは狭いので折り畳める洗濯干しがあると便利
・雨天などの室内干し場所が欲しい。また、室内に干しても隠せる仕切りがあるなど。

■ベランダに関する要望
・広いベランダが理想的。
・干す場所が小さい。もっと広く干したい。エアコン機械の前にあるので、変な風があたり、冬は、寒い。
・マンションで、角部屋でベランダが多面でも、物干し竿の設置場所が1か所しかなかったり、長さが短いため、多面に設置してほしい。また、手すりの幅が太くて布団を干すことができない(布団用の大型洗濯はさみでも開かない)こともあるので、トップ部分だけ細くするなどの工夫をしてほしい。
・物干しが一部分にしかないので、全面的に欲しい。
・ベランダについている物干しだと、雨の時、必ず濡れます(屋根があっても吹き込むので)なので、ベランダの窓寄りに物干し台を買い足して、使っています。ベランダの窓寄りに物干し竿のかけられる設備があったら良いと思います。
・風が強いと洗濯物が煽られてしまうので干す場所はベランダの真ん中が良い。
・ベランダにおいてやや強めの雨風でも洗濯物が濡れたりしない防御的な工夫もあったらいいと思います。
・ベランダに洗濯機を置く場合、ひさしが小さいと強風で雨が降ったら体が濡れることがあるので、ひさしは大きくするなどして天候の影響を抑えるような設計にしてほしい。
・洗濯物を外壁面に寄りかけて干している住宅をよく見かけるが、汚れるし見た目も悪い。マンションによっては禁止しているところもある。ベランダ設計で考えるべきポイントと思う。
・最近は外観を気にしてるからなのか、ベランダの物干し竿は低めだが、丈が長いものは干しづらい。高くても干しづらいが、もう少し高くして欲しい。
・消防法?の為、ベランダの物干しの長さに制限があり洗濯物を干しにくい。
・現在マンションの大型修繕中でして、ベランダから撤収する物で一番大変だったのが布団干しのラックでした。洗ってリビングに置いていますが、場所も取りますし。備え付けの布団干しで一工夫何かあったら嬉しいと思いました。
・外干しをしたいが人目が気になるので、干しやすさと外から見えづらさを兼ね備えたベランダがあると嬉しい。
・1Fでも安心して洗濯物を外に干せる設備。

■他
・浴室の洗濯物をかける棒が、3~4本あると嬉しいです。
・浴室乾燥機の性能が良く、梅雨時期や冬季など室内干しが増える時期特に、今の家は大変満足している。
・浴室乾燥機は、光熱費がかさむ。
・洗面所に洗濯機が置けて使いやすい。( 普通のことですね。) ・洗濯機周りの防振・防音対策が強化された住宅を望む。時間を気にせず洗濯したい。
・洗濯の最新の情報と価格、それをみてからの選択がしやすい。
・無駄に隙間があってもデッドスペースになるので、難しいですが余計なスペースはかえってない方がいいかも知れません。
・天井から、棚が付いてあり、その棚にポールが接着してある。縦型の洗濯機を使用しており、洗濯機のフタが真上に開くタイプのため、気をつけて、静かに開けないと、ポールに洗濯機のフタがぶつかるし、フタの開閉を考えるとポールを活かせない。ムダスペースだと感じる。
・やっぱり庭付きのマンションの方が便利だと思った。
・集合住宅であれば共同の洗濯ルームがあると、自宅スペースにそのスペースがいらなくなるので利便性が高いと思う。
・水回りに注意。
・暖かくして、作業やりたい。

回答者の属性

ご年齢

性別

回答者の職業

回答者の業種

配偶者の職種

家族構成について

お住いの地域

現在のご住居

住居の広さ

間取り

現在のお住まいの居住年数

フージャースの住宅にお住まいですか。