【結果】土間に関するアンケート(後編)

実施日: 2021年6月11日(金)〜6月20日(日)
母数: n=149

今回は、「土間」についてうかがいました。
私たちは、コロナ禍そして、その後に始まる暮らしを想像した時に、「趣味」と「衛生」の観点から、「土間」が暮らしを豊かにするのではないかと考え、「土間のある住宅」の企画を検討しています。

アンケートの結果から、現代の暮らしにおいても、土間は「収納」「作業」「飾る」「もてなし」「衛生」の観点からニーズがあると感じました。そして、どのような目的で土間を使うのかによって、必要なスペースや設備も変わってきます。
アンケートの結果は「【結果】土間に関するアンケート(前編)」(2021年7月23日掲載)をご覧ください。ここでは皆様の思いや工夫・要望を中心としたフリーコメントを紹介します。

アンケート結果

回答者の属性はこちら

Q2 Q1で興味を持たれた土間は、どういうところに興味がありますか。(フリーコメント)

自転車やキャンプ、釣り、サーフィンなど趣味のアウトドアの道具を置いておく、または飾る空間としての土間

■自転車の置き場
・室内保管ができる事で、防犯面強化かつインテリアとしても見せられる。自転車等、本来外で使う物をリビングまで持ち込む事には抵抗があるが土間によってそれらが解決される。
・自転車に乗るし、登山が趣味なので、完全に片付け切らずに、風通しのいいところへ置いておける点が魅力です。
・必要不可欠な趣味の道具や自転車を置くスペースといったところ。例えば趣味のサーフィン、スキー板のワックスやチューニングができるスペースが欲しい。
・スキーの板や自転車などを、飾らなくても置いておける収納スペースがあるといい。
・マンションや狭小住宅が多くなった現代。限られたスペース(家の中)で収納をしていかなくてはならない。またコロナ禍で自転車通勤、キャンプなど趣味の道具も多くなり少しの空間の土間とファミリークローゼットがあれば収納を分散することなくできるので効率的だと思う。
・自転車を置く土間。自転車を外に置かなくていい。など他2件
・自転車がさびない。
・自転車やベビーカー置き場として。

■自転車を飾る
・自転車やキャンプ、犬も涼める場所として、家の中に収納するのが難しくでも飾っておきたいものを置いておく空間。
・単に物置とかではなく、自分の趣味(私であれば、サーフィン、スノボー、キャンプ道具、自転車など)を飾る空間があるのは素敵。来客があっても見せれる空間。
・愛車の自転車が飾れて、整備出来るスペースに興味が有る。
・主人は自転車が趣味で2台所有しており、土間のような空間があれば、防犯面でも安心であり、趣味の幅も広がると思う。リビングから自転車を眺める事が出来れば更に嬉しいと思う。
・自転車等、お部屋の中に持ち込むことにハードルが高いものも気楽に持ち込める。汚れ等、多少気にせずに済む。保管場所という側面もあれば、飾る空間としても利用できる。
・高い自転車をセキュリティの中でちゃんと飾っておきたい。フローリングを汚したくない。

■アウトドア用品の置き場
・アウトドア用品は泥汚れや水分が含んでることもあったり、また、DIYでは木屑が出たりすることもよくある。土間だと掃除面でもラクなのでとても重宝しそうだから、我が家にも欲しいなと思っていた。
・アウトドア用品は汚れている部分もあり、土間が広いと良いなと今感じています。
・常にアウトドアにいる楽しみを感じたため。
・アウトドア用品は、汚れていたりするので、できるだけ室内には入れたくない。メンテナンス時も部屋が汚れるので、土間があれば気にせずいつでも作業ができる。
・野外で使用する器具やメンテナンスに汚れの跳びはねなどが予想されるモノを保管するのにちょうどいい。
・キャンプ用品の保管場所、DIY作業スペース。
・釣り道具、ゴルフ道具、キャンプ道具等の手入れとキャスティング、素振り等の空間が欲しい。

■アウトドア用品を飾る
・アウトドアの用品を飾りながら収納し、かつ汚れをある程度我慢できるスペース。また、洗う事も出来れば最高!
・アウトドアの大きな道具は頻回に使用しないうえに、置き場所に困るので、土間に収納スペースや、お気に入りのグッズは飾ってお洒落な空間にしたい。
・趣味のアウトドア用品置き場であり、それらを眺めることができる。
・アウトドアのツールをインテリアとして飾ることができる点。
・靴を履いたままアウトドア用品を運んだり飾ったりできるところ。

■外で使用するものを扱う
・置き場に困るものだから、汚れ物を置く土間があると便利だと思う。
・室内には置きたくないようなものを「おいていい」スペースがあるといい。
・外の道具はできるだけ家の中に持ち込みたくないから。飾る要素、というよりも実用的に考えて、傘やレインコートなどを置くのと同じように、趣味の道具も玄関のスペースを広げて、置ければ便利。今だと、マスクなども置けるし、宅配便を玄関の土間であけて、中身だけ部屋の中に入れて、段ボールはその場で解体して、段ボールゴミとしてまとめておいて置ける、とか。子供の保育園のリュック、大人のお出かけかばん、アウター、帽子、などをしまえる場所が欲しい。
・外で使うことが多いモノを部屋の入口付近に保管およびディスプレイできることは、動線上も効率的であるし、趣味のものを外出および帰宅の際に、目に触れられることは、気持ちがよいと思う。
・家の中に持ち込みたくない野外で使うものを置いておける。
・すこしの汚れ物を置くスペース。
・外で使用する物置場所は便利だから。
・濡らしたり汚したりしてもよい。
・外部から汚れたままの道具を置いておける点。

■趣味の物の置き場
・趣味のものを置いて置く場所。
・実際の趣味へのアプローチ 延長線。
・家の中に置くことで、常に趣味とのライフを満喫できるのと、セキュリティ面でも安心。
・釣り竿など、長さがあるものは収納しにくいし、釣り具は若干匂いもあるので、押し込めずに飾りながら道具を置いておけるのが魅力的だと思いました。
・リモートが進み、個人の趣味の時間が多くなる傾向がある中、趣味の道具の置き場。インテリアになるかもしれないですが。需要は多くなるかと思う。
・部屋には置きたくないけど、趣味のものを置いておけるスペースがあると楽。
・趣味のものを置いておくことで、次の計画を考えたり、磨いたり、ブラッシュアップ出来たり、とワクワクすることを常に感じられる。
・雨の日でも外でやる趣味のように扱えそうな所。
・玄関先に入居者の趣味趣向に合わせた使用が良いと思います。
・利便性、趣味と直結

■飾る
・外物を床のキズや汚れを気にせず、取り扱えて、リビングと一体であれば、インテリアとして、自分の趣味用品を飾って見れるところ。
・通常の家だとどこに片付けるか悩むものなので、土間に置いたり、自然に飾れたりできたら良い。
・見せる空間の作り方。
・好きなものを眺めていたい。
・旅行が好きな為、旅行先の写真やお土産などの思い出の品を飾れるスペースがあれば素敵だなと思った。
・ハマっているものは、近くに置いておきたいし、触れていたいと感じます。その延長で自慢したい(見せたい)に変化するため、そのような空間は興味があります。

■その他
・その空間の存在自体。
・日本の入り口出口は相対的に狭く、有効利用の観点では問題があります。土間という観点で有効利用する面で、沢山考えていく部分があると考えます。
・現在自宅に大きな土間がありメンテナンス場所として利用しており大変便利である。車庫と外の中間として「ちょっとした作業」に利用しております。
・スキー場の民宿のように、乾燥室といった役割も踏まえた土間があればいいなと感じている。(自宅は雪国なので・・・)
・広いスペース:何でも置ける。
・あれば便利なので。
・収納場所が無いので。
・実用性がありそう。
・見えてしまうのでゴチャゴチャしそう。

DIYや陶芸、生け花などの趣味を楽しむ作業場としての土間

■DIYに関して
・DIYが趣味の人にとっては、作業場としての利用の方が魅力的かもしれない。
・DIYのような作業できる場所があるのは良い。掃除はしやすいのか?
・DIYスペースとしては音や汚れ、廃材が気になるので室内でありながら、外同様の感覚でgood!
・DIYを、いつでも何時間でも楽しむことが可能。
・靴磨きやDIYなどの作業で生じる汚れやゴミが出ても抵抗感の少ない場所があると良いと思った。掃除しやすい床材・床に水を流してもOKな防水構造や排水口の装備、汚れたら簡単に交換できる壁紙、作業音が漏れないような防音防振対応だと可能性が広がる。
・家の中では難しい陶芸やDIYは気にせず作業ができるので、楽しめると思います。
・日本の家は高度成長期を基本として、地価が上昇し、一般的に狭い空間で皆さん家を保有し、現状に至ります。高齢化社会になり、家でDIYや生け花をやろうとしても自宅の空間が狭く、やりにくい空間に死んでいます。そこで、土間の再整備の観点で、再構築はとても良い発想で進めていくべきです。

■作業スペースとして
・雨の日でも寒い時期でも、このような作業をするには最適な環境です。出きる。
・ペンキ塗りや木材の裁断等作業スペース。
・趣味の作業場として楽しむ。
・作業中のものを広げたままにできる。換気などしやすい。
・作業場がないので。
・作業に伴うごみ等を気にせず楽しめる。
・絵画など汚れる作業ができる点。
・作業途中でそのまま置いて置けたり、工具を広げたりすることができるのがよい。
・濡らしたり汚したりしてもよい。

■趣味の場所として
・実際の趣味へのアプローチ 延長線。
・今は外出しにくくなっている世の中ですので、陶芸教室や生け花教室だったりすると外へ出なければなりません。それが、自宅の土間でできるというのは魅力的だと思います。汚れたり汚したりしても土間だから気になりません。
・天気を気にせず、明るい空間で趣味を楽しめる。隙間時間でちょっと楽しむことが可能。
・そば打ち用としての空間。そばとワインを嗜む空間。
・趣味の空間ができればなおベター
・陶芸は昔やっていたので、スペースがあればまたやってみたい。
・汚れをあまり気にせず、趣味が楽しめる点。

■その他
・インテリアとしてよさそう。
・土間の日本的機能美、外と内との間のファジーな空間性などは芸術と相性が良いと思う。
・常にアウトドアにいる楽しみを感じたため。
・野外で使用する器具やメンテナンスに汚れの跳びはねなどが予想されるモノを保管するのにちょうどいい。
・3項目にチェックマークを付けましたが、すべて同じ理由で、手軽に誰もができそうなものだから。かつ、現在のような間取りでも、ちょっとした手直しでプランニングできそうなので。できれば屋内の土間というより、玄関前のアルコーブやバルコニーを使ってできないかと。

観葉植物や花を並べるなど家の中の庭としての土間

■ガーデニング 花のある空間に関すること
・ガーデニングが好きなので。
・作品等を展示できる空間。
・緑でリラックスできる空間。
・観葉植物やお花など癒される空間になると思います。
・冬でも日の当たる場所で、植物があると暖かい感じがする。
・家の中はすっきりと見せたいので、観葉植物や花は土間に集めて、空間にメリハリをつけたい。また一つにまとめておくと、手入れもしやすい。
・観葉植物が増えてしまい、リビングだけでは数も考える必要があり、これ以上は増やせない。働く主婦としては庭の管理が大変なので、土間があれば自分の好きな空間が作れそう。
・家の中で、温室風にお花を飾りたいです。
・観葉植物の中で生活したい。
・プランター菜園をする場所として使いたい。
・冬に観葉植物を置けばからさずにすむ。
・花や緑を眺めながらの生活。
・家の中でミドリがあり、癒しの空間になるから。
・スペースや環境がゆるせば、庭造りや菜園をしたいと思っているので。それを「見せられる」空間であることも嬉しいと思います。
・室内で植物を楽しみたい。
・部屋の中に置いている人が多いと思われるので有っても良いかな・・・
・インテリアとして観葉植物を飾るのも限界があり、バルコニーに置くのも眺められないため、家の中に庭があると面白いと感じました。
・自宅で自然を感じられる。
・快適空間、癒し。

■ガーデニング 手入れに関すること
・癒しの空間になるところに興味が湧きました。土間なら土や水がかかっても問題ありませんし、楽に観葉植物や花を楽しめるなと感じます。
・屋外に出すと虫が付いてしまうのが嫌だったが土間なら可能。
・外でのガーデニングは日焼けする。
・外は虫が。。。ご近所さんの目も気にならないのでよい。
・こぶりであれば、植物の鉢替えをして少し土がこぼれても汚れを気にしなくてもよいから安心。
・部屋の中に置くと水やりとかで床が汚れて抵抗ありそうな植物もおける。外に置くと風とかで飛ばされないか気にせずすむ。
・ベランダのスペースでは狭い。
・土から虫が発生するので普段生活する場所には植物を置きたくないのですが、ドアや仕切りが付いた空間であれば虫対策もできると思い興味を持ちました。

■家の中の外の空間として
・ベランダの代わりに使いたいな、と思った。
・家の中に外がある。外と中の曖昧な境目の空間ってワクワクします。
・マンションだと庭がないため、そのような空間があるといいなと思う。最近のモデルハウスもそのようなデザインが多い。
・理想は庭を部屋から眺められるということですが、なかなかスペースや作り、セキュリティの面からも構造が難しいものの、土間では家の中かつ、庭を鑑賞する両方が楽しめる。
・常にアウトドアにいる楽しみを感じたため。
・家に居ながらにして、安心空間の中で、外でやることができたらいいなと思いました。

■その他
・子供たちの遊び場として。
・実際の趣味へのアプローチ 延長線。
・気軽に土間を活用して楽しめる。
・自分の好きなようにクリエイトできる。
・土の冷たさ。
・子育てするうえで子供にも良い影響を与えると思ったから。

椅子やテーブルを置くなど玄関先のちょっとした茶の間としての土間

■来客に関して
・お客様が来たときに、玄関先でちょっとお話するだけのこともよくあります。すごく便利だと感じました。
・これぞ、日本の土間!ご近所さんが回覧板を持ってきたら、そのまま話し込んだり!
・人が来た時のちょっとしたコミニュケーションスペースが欲しい。自転車を飾るスペースと共有したい。
・ガーデン気分でも味わえ、来客を待たせるにもちょっとしたおもてなしができる。
・来客時に上がってもらうほどでもないけど、立ち話もな~って時に良さそう。
・ちょっとした来客や、友人とのおしゃべりの場として活用したい。リビングは家族との団欒。土間は手軽な社交場として。
・玄関先でお客様とのコミュニケーションを十分とれる空間として、素敵だと思うから。
・家の中が片付いていない時でも、この土間があれば家の中を片付けることなく友人らと雑談ができたり、作業したりできるところ。
・友だちとちょっとお茶でも、という時に便利だと思いました。部屋が片付いていない時でも気軽にお茶に誘えるのがいいです。
・おしゃれなカフェ風
・お客さんが来た時に、家に入れるまでもない時に、時間を過ごす時に、良いと思った。
・気楽な来客が好きなので、人が訪ねてきたとき、ちょっと寄ってもらう、話していく、というシーンがもっと気軽になると思いました。
・近所の知人等が来たが、家に迎え入れるのがはばかられる場合に土間の椅子に座って話し込むこという使い方ができる点。家の内と外の境ということで都合の良い使い方ができる点。通常の玄関では狭いのでこのような使い方は出来ない。
・ちょっとした来客時の対応に使えそう。
・コロナで友人を家に呼ぶことがなくなってしまったので、お庭の延長・テラス席のような感じで換気しながら来客用で使いたい。家族でのコーヒータイムにも使いたい。
・立ち話でなく少し座れるスペースがあると来客に便利。
・土足で、手間をかけず近所の人が立ち寄れる、パブリックとプライベートの中間の位置づけ。
・人を家に招く時の敷居が低くなる。室内に入ってもらうより、お互い気が楽そう。
・上がりこむまでもないけど話したい時に、立ち話ではなく靴を履いたまま座って話せるのは嬉しいとおもいます。
・お客様や配達や出かける前の待ち時間や、ちょっとした荷物置きとしてなど、わざわざ中まで持ち込むほどではないものや人が居やすい空間があるのは悪くないのかなと思いました。
・ふいの来客等に対応できそうだから。
・縁側のようなイメージで、子供を遊ばせながらお茶でものみたい。
・家に上げなくても、人と会話できるスペースがあれば、カフェのような使い方ができるのではないかと思う。

■自分だけの空間として
・くつろぎのある空間だから
・今はリモートワークなど自宅で仕事をするようになった人も多いと思います。ちょっとした椅子やテーブルを置き、リラックスしながら、そして家族や子供たちに邪魔されず、自分だけの秘かな空間を楽しめると思う。
・植物と椅子やテーブルを置き、カフェのように利用できる点に興味を持ちました。感染症の問題で気軽にカフェにも行けないので、自分だけのリラックス空間があれば良いなと感じます。
・いつもとは違った日時を楽しめるのではと感じたため。

■その他
・洋風な家に対して、和室との繋がりは気をつけたいポイントです。洋和室又は北欧風の家具を置いても違和感のない和室が良い。
・和室やフスマ、玄関先のちょっとした広い空間が光も差し込んでいいですね。
・土間というと『和』のイメージがあり、しっくり来た。
・地域のコミュニティとの繋がりの場としての機能、宅配ロッカーなどがあれば自宅前の置き配需要への対応が図れる。(その場での開梱ができるなど衛生的)
・玄関がかなり広くないと使えない
・土間の必要性はあまりないが、ちょっと座れるくらいならいいと思うから。

薪ストーブやソファーを置くなど玄関先のリビングとしての土間

■来客に関して
・薪ストーブなど、置きたい。暖かくみんなが一緒に語れる所がいいなあ。
・人が来た時にも家に上げる事なく迎えられるゲストルーム。
・こちらもちょっとした来客時の対応に使えそう。コロナで友人を家に呼ぶことがなくなってしまったので、お庭の延長・テラス席のような感じで換気しながら来客用で使いたい。家族でのコーヒータイムやランチタイムにも使いたい。
・お客様や友達をよく呼ぶ家にしたいため、そんな土間があれば理想的だと思ったから。

■リビングとして
・生活空間とは切り離された、おしゃれなスペース。
・家の中の部屋とはまた趣きを変えた、別空間として。
・リビング・ダイニングとしての利用も魅力的。普段使いの寝室・洋室以外は、玄関と一体のリビングにして、ラウンジのような使い方も良いのでは。
・リビングとは別の、第2の居場所が増えたような感覚が嬉しい。自分の好きなようにアレンジ可能な所も◎
・リビングが複数あることで、気分転換がしやすそうな所。

■くつろぎ空間として
・ストーブとか、ソファーでくつろぐ土間には憧れる。
・薪ストーブを置いて、くつろぎの空間が実現できそうだから。
・お店や、お店を兼ねた住まいならいいのかもしれません。
・前述の乾燥室の役割とともに靴を脱がずにくつろぎの場所として活用というようなイメージにあこがれている。
・くつろげる空間。
・好きな物に囲まれた場所でリラックスできる。
・手入れや管理、掃除の観点から、ストーブやソファーを置くことにはまだ抵抗があるのと、あまり大掛かりにしたくないので、前項の「椅子やテーブルを置くなど玄関先のちょっとした茶の間としての土間 」くらいの気軽さのほうが好きです。

■その他
・ドロドロの靴があったら雰囲気が台無しになるので、キレイにしておく必要があるな。
・玄関先は特に冷え込むので、冬は欧米のホテルのような感覚が味わえる。
・屋内での焼き肉などで活用できそう。
・外を感じる仕掛けがある土間。
・ストーブの火を見ながら、食事やお酒を飲むことが出来る。
・薪ストーブを部屋の中に置くのは抵抗ある。

流し台や洗濯機を置くなど家事スペースとしての土間

・洗濯室は実用的で良いなと思うから。
・家事をするには広い方がよいが、土間であれば汚れも気にせずできる。
・子供がいて、汚れ物を洗う時に、家の中にそのようなスペースがあるのは便利。
・時間のあるときに…置く(干す)スペースに余裕があるときに…と後回しにしてしまいがちな掃除や洗い物への着手が気軽に、早くできそうです。
・こちらは動線的、来客者からの見た目の面で部屋の中の方が使い勝手良いと感じる。玄関~バルコニーに続く土間があるのであれば、洗濯機置くのは良い。見た目次第。
・雨で靴下が濡れた状態で廊下を歩いて洗面所に行くということが嫌でしょうがないが、靴で洗面所に行き着替えたりできれば綺麗な状態で家の中に入れるため良いなと思った。
・生活空間を土間で仕切れるところ。
・土間に、流し台や洗濯機を置くのは、西洋化した日本の家ではなじまないと思う。キッチンは火を使うので、広くて複数の人でも気兼ねなく立てるスペースが必要だから。
・土間で家事はやりたくない。履物を履く必要性がでてくるから。

その他の使い方の土間

・鏡設置してゴルフのスイングチェック。
・スポーツの観点から、自宅で少しの時間を活用し、スポーツ機器を土間において、活用するアイデアも有効と思う。
・ペットの洗い場。
・家で茶道ができる空間としての土間があると嬉しいです。
・アクアリウムに興味があり土間は床の強度があるイメージがあるため特に大型の水槽を置くのにぴったりだと感じた。実際に実家の土間には90センチほどの大きめの水槽を置いている。
・今だと、マスクなども置けるし、宅配便を玄関の土間であけて、中身だけ部屋の中に入れて、段ボールはその場で解体して、段ボールゴミとしてまとめておいて置ける、とか。子供の保育園のリュック、大人のお出かけかばん、アウター、帽子、などをしまえる場所が欲しい。今、実際にそうやっているが、便利。
・アウトドアに限らず、趣味の道具や物などを置いたり飾ったりする空間があるのは良いと思ったから。
・土間つづきの土足OKの部屋も有用かも。
・写真が趣味なので窓がある土間であればフォトスタジオのように使えるのではと感じました。姪やぬいぐるみの写真を撮る練習をしたいです。

Q3 Q1で「これらの土間には興味ない」と回答の方は、その理由を教えてください。(フリーコメント)

・自転車、DIY、園芸などに興味がないのど、玄関先にソファーなどくつろぐものはは必要ないと思ったから
・見える収納は苦手。玄関横収納の方が良い。
・現在マンション住まいですが、土間の魅力を感じなかった。なるべく玄関周りに余計なものを置きたくないし、戸建てだとしても玄関クロークなど独立して隠しておける方が好みです。普段は開けっぱなしで換気をし、来客時は閉める。土間に広さを使うならリビングを広くとりたい。
・家の広さに限りがあり、土間にスペースを取られる余裕がない。
・土間と、土間でない場所を分けなくても、二人暮らしなので充分使えるスペースはあるからです。
・なくても困らない。
・家の中に大きな家具等がたくさんあるのが好きでないので、物を置けてしまう空間ができることにはあまり興味がない。(物置になってしまいそう)
・庭(狭いですが)で家庭菜園をすることに興味があるので。
・実生活で、土間スペースとなると、100㎡前後の家では難しいので、現実的ではないから。
・家の中で靴を履いてなにかするのが面倒だから。
・掃除が大変そう。
・土ホコリ等で住環境の悪影響があるから。

Q10 Q9でご回答の困っている、または困るだろうと思われる内容をより具体的に、教えてください。(フリーコメント)

■作業スペースがない、他
・趣味でDIYをよくやるのだが、バルコニーを作業スペースとしている。ノコなどは騒音もするし、木屑も発生するから、周りを気にしながらの作業になる。当然作業する時間も気にしなくてはならない。土間があればその不安点が解消されるなと思う。
・ペンキを塗るにはリビングにブルーシートを引いて一日中ペンキの匂いと共に過ごす必要がある。
・塗装、材料加工(切削、切断、溶接)、洗浄、乾燥。
・収納が少ない、また収納するまでの間、片付けたものを置いておく(例:乾くまで)スペースがない。玄関が小さい。
・溶剤(またはホワイトガソリン少量)を使ったりするので、床材がケミカルに強いものでないと腐食します。また、利用後の臭いや清掃等も視野に入れると、室内では無く、土間或いはバルコニーでしかできない。
・蕎麦打ちやって見たいが作業する場と道具の保管場所に困る。
・物を広げたり、そばを打ったりしたら、都度、片づけなければならない。また、ゴルフの素振りは、空間がないのできない。
・レジンアクセサリー作り、ハーバリウムボールペン作りの制作物を置いておくと、幼い子どもにぐちゃぐちゃにされそう&怪我させそうで、まだ手を出せません。
・バッグや服、アクセサリー等のハンドメイドをしてみたいが、ミシンや棚、その他道具などを置く、または収納するスペース、作業するスペースがない。
・キャラクターグッズを収集しているのですが量が増えたのでスペースが足りず困っています。
・リビングで刺繍など趣味の裁縫をしても、作業途中でも都度片付けないと、家族が集まってきたときに使えない。
・和裁、洋裁は、作業途中のものを、1回ずつ片付けたくないので、そのまま広げて起きたい。陶芸は、土汚れが出るので、決まったスペースで行いたい。など今の室内のスペースでは余裕がなくて行えない。
・家庭菜園などをやりたいが、マンションなのでスペースがない。ベランダがあるが、落葉や虫などで隣人の迷惑になる可能性を考えるとなかなかできない。
・植物を置くスペースがない。
・アクアリウムの趣味は手間がかかる。水替えは特に床がぬれたりするため水をきちんとはじいたり掃除が楽な素材でないと面倒。
・駐車場を借りているので、整備等が自分でできない。
・部屋が少ないことから毎回片付けないといけないので作業効率が悪い。
・広さ、趣味スペースの確保。
・何か作業をする=汚れる。部屋の中で可能な作業や創作活動はある程度制限であったり、養生が必要。
・単純にスペースがなく作業ができないところ。
・機材や道具を保管するスペースが無い、趣味に没頭するスペースがない。
・賃貸ではスペースが限られる。
・汚れがきになる。屋内での作業ができない。
・家が狭いので。
・部屋が狭い。

■収納スペースがない、他
・キャンプをはじめたいのですが、収納する場所が無さそうです。
・キャンプ用品を入れる場所がない。ベビーカーを入れる場所がない。ベランダに水道がない。(掃除がしにくい)
・キャンプ道具などの大物の収納を、現在はベッド下収納を利用しているが、まとめて置く場所があると助かる。
・子どもの三輪車やベビーカーの置き場に困っている。玄関に置くと狭くなる。
・マンションなので、そもそもスペースが少ない。子どもが泥だらけで帰宅した時に、砂を落とすスペースがあれば良いなと思う。
・居間などに置くと雑多な印象になる。
・漬物、味噌、果実酒などを作る時に、保存ビンなどの置き場所がなくて困ります。
・同居の両親がものを片付ける、捨てることができない。
・部屋がありすぎてもその部屋がゴミ庫と化している。
・必要なところに必要なものが置けるスペースがあれば広くなくてもよいと思う。
・収納スペースが少ないと、居住スペースにモノがでてきてしまうので、どうしても片付けられたすっきりとした空間にならない。片付けられていない状態だと、片づけなきゃという気持ちになり、常に気になってしまう。

■防音、防水、水道などの設備
・音楽をするが、近所や家族の迷惑を考えると時間帯が限られる。
・ピアノを実家より引取りたいが、現在の住まいのマンションでどれだけの防音効果があるのか不安と、かなり手狭になってしまう。
・楽器を弾くとき、歌を歌う時に気を遣う。家具を組み立てる際に、作業スペースを確保したり床が傷つかないように気を遣ったりすることが面倒くさい。
・楽器の演奏は室内では不可能です。防音も完璧でないと住人ともめる原因となるので。
・DIYで使うことになるだろう塗料のにおいや有毒成分により、自分にも近隣にも悪影響が出ると困る。電動ドリルやのこぎりの音や振動に困る。
・防音がないので癒し空間の邪魔になる。
・作業に伴って発生する騒音を防ぎようがない。
・水槽の水を交換する際、フローリングに水がこぼれる。

■人を招くスペースがない
・人を招くにはそれなりに綺麗を保っておいたり、今ならウイルスなど気にする人もいたり、招くにも気を使う。
・家が狭いので。
・部屋が狭い。

■その他
・土間と車庫の導線が不便。
・家族の理解を得るの腐心(各々の考え方が違う)。

Q19 来客時に、困ることや気を使うことがあれば、教えてください。(フリーコメント)

■片付けに関して
・部屋の掃除や、片づけ。他3人
・子どものおもちゃの収納。
・ちょっとした来客でも家の中をしっかり清掃しなければならない。
・リビングが玄関から丸見えなので、いつも多少気にしている。
・家が狭くて物が多いので、物が見えないよう掃除するのが大変。
・トイレや、その他目につく場所は最低限綺麗にしておかないと、と気を使う。また最近では、除菌用のスプレーを玄関に置いたり、あるいは洗面所までいってもらい手を洗ってもらうか等気を使う。
・掃除が十分出来ているか、部屋がごちゃついていないかが気になります。
・ごちゃごちゃ感が丸見えになるのが否めない。
・キッチンや洗面所など、来客がある時は、朝から大掃除になる。室内を見られず、気軽におしゃべりできるスペースがあるといい。

■スペース(対応場所)に関して
・玄関が狭いので、来客の対応に困る。他2人
・玄関先でちょっと座ってお話できるスペースがないことです。他2人
・生活スペースと客間の共用。
・玄関が狭いので、子どもが数人来た時に、ごちゃごちゃになる。
・部屋がもう1つは欲しい。
・もてなすための部屋がない。
・ワンルームであること。

■スペース(来客の荷物)に関して
・来客者の荷物やコートを置いておくスペースがない。他5人
・ベビーカー等を置くスペースがない。

■衛生に関して
・コロナ禍で手洗いを動線上にできたらいいと思う。他1人
・消毒液を置くスペースがあるとよい。
・トイレのゴミ箱を出しておくか悩む。
・マスクをする事。

■匂いに関して
・匂いは気をつけている。他2人
・シューズクロークのニオイ等の消臭に気をつけている。
・匂いや生活感。
・ペットの臭い、カーペットのペットの毛。

■その他
・くつろいだ服装でいるから少し恥ずかしい。

Q22 土間があれば、主にどんな使い方をしたいですか。(フリーコメント)

■自転車関係
・自転車等をおきたい。他2人
・ずっと興味があったけど始められていないロードバイクを始めてみたい。
・子どもの自転車、生協の箱、掃除用品を置く。
・自転車やキャンプ、釣りなど趣味のアウトドアの道具を置いておく。
・自転車や外遊び道具、ベビーカーを置きたい。
・自転車、植物を置く趣味のスペース。

■DIY関係
・DIYの作業スペース。他3人

■趣味関係
・趣味のスペース。他3人
・趣味の道具の保管、メンテナンス作業。他3人
・釣り道具の収納と、保存食のビンの収納。気楽に人を招いておしゃべり。
・水槽を置きアクアリウムの趣味を楽しんだり、スーツケースなどの部屋の中に置きづらいものを置いたりしたい。
・陶器などを飾る。
・絵画の作業場。
・カフェ兼写真撮影スペースにしたいです。
・ハンドメイドの教室。

■収納関係
・荷物置き場の追加。
・シューズクローゼット 手洗い(ペットや靴を洗えるスロップシンクがあると便利)。

■来客関係
・知人と話をするスペース。
・来客や子供と外でしかできないことをやりたい。家族皆でできる趣味を増やしたい。
・来客対応やちょっとした荷物置き、家族と出かける際のちょっとした待ち時間等。
・来客、お茶する、DIYなどの作業をする。

■くつろぎ空間として
・癒しの空間の場として使いたいです。
・薪ストーブを置く。
・ゆとり。日時とは別空間。
・ボーっと瞑想する。
・子どものころ住んでいた家には土間があったが、土間は涼しかった記憶がある。夏でも風が抜けて快適な空間になれば、そこで昼寝をしたり、休憩したり、息抜きの場として使いたい。
・大きい木を置きたい
・植物を置きたい

■その他
・子供のちょっとした遊び場。
・見える場所に物を置きたくない為、無駄な空間になりそう。
・広さ次第だが、用途の制限は特に設けないと思う。
・アウターをかけ鏡を置いて、靴とのコーディネートを見る場所。脱衣所。
・今あるスペース(アルコーブやバルコニー)をほんの少し広げる程度で、そこに土間の機能や特性を持たせるのであれば、ぜひやりたいが、70~80㎡のマンションで他のスペースを削って土間をつくるのであれば、あまり現実的ではないように思います。100㎡近くあってよほど魅力的な土間空間を提案しないとむずかしいのでは?

回答者の属性

ご年齢

性別

回答者の職業

回答者の業種

配偶者の職種

家族構成について

お住いの地域

現在のご住居

住居の広さ

間取り

現在のお住まいの居住年数

フージャースの住宅にお住まいですか。