【結果】孤独に関するアンケート

実施日: 2020年8月28日(金)〜9月6日(日)
母数: n=201

日々のニュースのなかで、生涯未婚率の増加や高齢者の「孤独」といった社会課題が報じられる一方で、書店では「孤独」を前向きにとらえる書籍が人気です。昨今の新型コロナウイルスの拡大もあり、友人と離れて自宅にいる時間や、一人でいる時間が増えたことで、心の状態と向き合う機会も増えたように思います。
そこで今回は「孤独」について伺いました。また孤独を考えるにあたって、孤独を感じる前提にある、日常の過ごし方もあわせて伺いました。

今回のアンケートでは、孤独を感じる人(「常に感じる」、「時々感じる」の合計)は48.8%、感じない人(「あまり感じない」、「まったく感じない」の合計)は44.3%で、孤独を感じる人は全体の約半数ほどでした。単身者に絞って集計するとその割合は変化し、孤独を感じる人(「常に感じる」、「時々感じる」の合計)は61.3%まで増えます。年齢や、経済的な安定よりも、身近な家族や友人と一緒にいることで孤独感は減少していくようです。
孤独を「常に感じる」、「時々感じる」と回答した人のうち、孤独を感じるがそれを受け止めることができる人は52.8%、孤独を感じるが特につらいとは思わない人は22.6%、孤独を感じるがそれを受け止めて楽しむことができる人は19.8%でした。個人によって孤独の強さや感じ方は様々ですが、孤独を受け入れがたいと思っている人は2.8%で、今回のアンケートでは、孤独を受け止めることが出来る人が比較的多い結果となりました。
また孤独を感じた時に、その孤独感を解消しようとする人は26.4%で、解消しない人は73.6%でした。孤独の解消には、「友人に連絡をとる」、「出かける」、「自分なりに好きなことをする」、「友人や家族に会う」といった解決方法がコメントには寄せられていました。
しかし、新型コロナウイルスの影響で孤独を感じることが増えたと感じている人(「とても増えた」、「増えた」の合計)も全体のうち32.9%存在し、確かに今回の新型コロナウイルスが孤独感に影響を与えていることも確認できました。

以前このコラム(2019年10月18日配信「コミュニケーションの仕方を考える」)で、「NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)」というコミュニケーションの考え方を紹介しました。これは相手を理解し、共感することから始めていくコミュニケーションです。今回の「孤独」も、人とつながり、受け止めてくれる相手がいることが孤独を解消するポイントだったように思います。言い換えれば、NVCのように相手に協調するのでもなく、反論するのでもなく、ただ受け止めていく。相手に共感していくスキルを自ら身に着けることが、自分やその周囲の人の孤独に貢献するかもしれません。

アンケート結果

回答者の属性はこちら

Q1 あなたの暮らしについて、あてはまるものを教えてください。(複数回答)

「適度に予定がある」が38.3%で最も多く、次いで「忙しいが充実している」が30.3%でした。することがない、やる気がでないと回答した人も31.4%いました。(「毎日やることがなく、時間をもてあます」、「仕事から戻ると、することがない」、「することはあるが、やる気が出ない」の合計)

Q2 職場への出社頻度を教えてください。

「週5日」が45.3%で最も多く、次いで「仕事をしていない」が15.9%でした。平日の半分以上出社している人は66.2%でした。フルリモートの人は6.5%でした。

Q3 一人で食事をする頻度を教えてください。
・朝食

「一人で食事をすることはない」が33.3%で最も多く、次いで「毎日」が31.1%でした。

・昼食

「毎日」が29.4%で最も多く、次いで「週2~3日程度」が22.9%でした。

・夕食

「一人で食事をすることはない」が45.8%で最も多く、次いで「毎日」が24.4%でした。

Q4 以下のものについて、平日と休日で1日あたりの費やす時間を教えてください。
・仕事【平日】

「5時間以上~10時間未満」が60.7%で最も多く、次いで「働いていない」が15.4%でした。

・仕事【休日】

「働いていない」が63.7%で最も多く、次いで「30分未満」、「30分以上~1時間未満」が10.0%でした。

・勉強【平日】

「勉強はしない」が54.2%で最も多く、次いで「30分未満」が17.9%でした。

・勉強【休日】

「勉強はしない」が54.2%で最も多く、次いで「30分以上~1時間未満」が15.9%でした。

・読書【平日】

「読書はしない」が38.8%で最も多く、次いで「30分未満」が32.3%でした。

・読書【休日】

「読書はしない」が37.3%で最も多く、次いで「30分未満」が23.4%でした。

・音楽鑑賞【平日】

「30分未満」が34.3%で最も多く、次いで「音楽鑑賞はしない」が32.8%でした。

・音楽鑑賞【休日】

「音楽鑑賞はしない」が33.8%で最も多く、次いで「30分未満」が29.4%でした。

・動画コンテンツの視聴(NetFlix等の定額制動画配信サービスやYouTube等)【平日】

「見ない」が31.8%で最も多く、次いで「30分未満」が27.4%でした。

・動画コンテンツの視聴(NetFlix等の定額制動画配信サービスやYouTube等)【休日】

「見ない」が28.4%で最も多く、次いで「30分未満」、「1時間以上~2時間未満」が18.9%でした。

・テレビ【平日】

「1時間以上~2時間未満」が30.3%で最も多く、次いで「2時間以上~3時間未満」が17.4%でした。

・テレビ【休日】

「2時間以上~3時間未満」が28.4%で最も多く、次いで「1時間以上~2時間未満」が21.4%でした。

・ネットサーフィン【平日】

「30分以上~1時間未満」が27.4%で最も多く、次いで「1時間以上~2時間未満」が18.9%でした。

・ネットサーフィン【休日】

「30分以上~1時間未満」が22.9%で最も多く、次いで「1時間以上~2時間未満」が17.9%でした。

Q5 プライベートな時間帯においての、携帯電話との付き合い方について最もちかいものを1つ教えてください。

「携帯電話に電話やメールを受信したときだけ見る」が36.8%で最も多く、次いで「連絡が入っていないか常に気にして、携帯電話を手元から離せない」が25.4%でした。「連絡は気にならないが、常にアプリやゲームを利用している」も22.4%おり、常に携帯電話を見ている人は、47.8%いました。

Q6 交流への意欲と、友人知人との関係性について教えてください。

「友人知人と連絡を取りたいと思うし、取ろうと思えば連絡が取れる」が49.8%で最も多く、次いで「友人知人と会いたいと思うし、会いたいと思えば連絡が取れて、会える」が28.9%でした。

Q7 Q6で「友人知人と会いたいと思うし、会いたいと思えば連絡が取れて、会える」「友人知人と連絡を取りたいと思うし、取ろうと思えば連絡が取れる」と回答した方にうかがいます。連絡がとれて会える友人・知人は何人ぐらいいますか。

「5人以上~10人未満」が43.4%で最も多く、次いで「5人未満」が37.3%でした。

Q8 あなたは孤独を感じる時はありますか。

「時々感じる」が42.3%で最も多く、次いで「あまり感じない」が34.8%でした。「感じる」と回答した人は48.8%でした。(「常に感じる」、「時々感じる」の合計)

Q9 Q8で「常に感じる」、「時々感じる」と回答した方にうかがいます。それは、どんな時ですか。(複数回答)

「体調がよくない時」、「一人で過ごす時間が長い時」が32.4%で最も多く、次いで「誰かに会いたい時」、「誰かと話したい時」が27.5%でした。

Q10 Q9で「選択肢に当てはまるものがない」と回答した方にうかがいます。それは、どんな時ですか。具体的におしえてください。

・パートナーがいるのに、共に過ごす時間が楽しめないため。友人知人との時間は、とても充実している
・地震や災害の時
・わかってもらえない時
・将来の暮らしを想起したとき
・妻が余命宣告されたらと考えることが増えた
・仕事がうまく行かない時。非常勤勤務なので、職場の人との接点が少なく、相談しにくい
・寂しい時
・家庭を持っている人の話を聞いた時
・一日中誰ともしゃべらなかったと気づく時

Q11 Q8で「常に感じる」、「時々感じる」と回答した方にうかがいます。あなたが日常で感じている孤独感は、あなたにとってどのようなものですが。(複数回答)

「孤独を感じるが、それを受け止めることができる」が52.8%で最も多く、次いで「孤独を感じるが、とくに辛いとは思わない」が22.6%でした。

Q12 Q11で「選択肢に当てはまるものがない」と回答した方にうかがいます。あなたにとって感じている孤独感について、具体的に教えてください。

・一番共感し合えると思う人とのコミュニケーションが一番難しい寂しさ

Q13 あなたは孤独を感じたときに、その孤独感を解消しようとしますか。

「はい」が26.4%、「いいえ」が73.6%でした。

Q14 Q13で「はい」と答えた方にうかがいます。どのように解消しますか。具体的に教えてください。

・友人に連絡をとる、他14名
・出かける、他5名
・自分なりに好きなことをする、他2名
・友人や家族に会う、他2名
・音楽を聴く、他2名
・興味のある何かに没頭する、他1名
・テレビを見る、他1名
・本を読む、他1名
・走る、他1名
・ペットと遊ぶ、他1名
・買い物
・Twitterを見る
・動画を見る
・野球観戦
・楽器演奏
・ゲームなどの没頭できるもので紛らわす
・ネット見たり、ドラマ見たり、料理したりする
・睡眠をとる
・朝日を浴びて身体を動かすようにしている
・芸術性の高いものに触れる
・相手を選んで、愚痴を言ったり、ぼやく
・ネット掲示板に書き込みをする
・ネットで同じ境遇の人の話題を見る
・メール本文に打ち込み、保存せず削除する。あるいは保存して削除する
・新たにコミュニティやサークルなど参加して人との繋がりを持ってみるが、人や雰囲気と合わないと感じたり、人と上手く交流することができず、上手く交友関係を築いていくことができず、結局また一人になり孤独を感じることになる

Q15 以下の設問の共感度を教えてください。
・自身の経済状態と孤独感は関係していると思う。

「あまり思わない」が28.4%で最も多く、次いで「思う」が25.9%でした。「思わない」と考えている人が46.3%でした。(「あまり思わない」、「思わない」の合計)

・健康や運動習慣などの体の状態と孤独感は関係していると思う。

「思う」が44.3%で最も多く、次いで「とても思う」が16.4%でした。「思う」と考えている人が60.7%でした。(「とても思う」、「思う」の合計)

・孤独になる状態は誰にもあると思う。

「とても思う」が25.9%で最も多く、次いで「思う」が63.7%でした。「思う」と考えている人が89.6%でした。(「とても思う」、「思う」の合計)

・孤独になる原因は社会にあると思う。

「どちらともいえない」が40.3%で最も多く、次いで「思う」が24.4%でした。

・高齢になるにつれて孤独感は増すと思う。

「思う」が48.8%で最も多く、次いで「とても思う」が20.4%でした。「思う」と考えている人が69.2%でした。(「とても思う」、「思う」の合計)

・孤独感から抜け出せないという恐怖がある。

「あまり思わない」が38.3%で最も多く、次いで「どちらともいえない」が24.9%でした。「思わない」と考えている人が54.7%でした。(「あまり思わない」、「思わない」の合計)

Q16 新型コロナウイルスの影響を受けて、あなたの生活の変化について教えてください。
・新型コロナウイルスの影響で、一人になる時間は増えましたか。

「変わらない」が48.8%で最も多く、次いで「増えた」が27.4%でした。「増えた」と考えている人が40.8%でした。(「とても増えた」、「増えた」の合計)

・新型コロナウイルスの影響で、友人・知人と連絡をとる機会は増えましたか。

「変わらない」が40.8%で最も多く、次いで「減った」が21.4%でした。「減った」と考えている人が40.8%でした。(「少し減った」、「減った」の合計)

・新型コロナウイルスの影響で、孤独を感じることは増えましたか。

「変わらない」が63.2%で最も多く、次いで「増えた」が27.9%でした。「増えた」と考えている人が32.9%でした。(「とても増えた」、「増えた」の合計)

Q17 新型コロナウイルスの影響で、友人・知人と会いたくても会えない時、どのような行動をとりましたか。(複数回答)

「SNSで連絡」が57.2%で最も多く、次いで「メールで連絡」が48.8%でした。

Q18 Q17で「選択肢に当てはまるものがない」と回答した方にうかがいます。行動を、具体的に教えてください。

・オンラインで買い物をした

Q19 新型コロナウイルスの影響を受けて、ご自身の生活の展望について教えてください。
・今後、家で過ごす時間は増えると思いますか。

「思う」が59.7%で最も多く、次いで「とても思う」が18.9%でした。「思う」と考えている人が78.6%でした。(「とても思う」、「思う」の合計)

・今後、孤独を感じることは増えると思いますか。

「どちらともいえない」が34.3%で最も多く、次いで「思う」が29.4%でした。

・今後、家族といる時間は増えると思いますか。

「思う」が45.8%で最も多く、次いで「どちらともいえない」が21.9%でした。

・今後、運動不足になると思いますか。

「思う」が43.8%で最も多く、次いで「どちらともいえない」が19.4%でした。

・今後、仕事の仕方は変わると思いますか。

「思う」が44.3%で最も多く、次いで「とても思う」が18.4%でした。

・今後、経済的に日々の暮らしに困ることがあると思いますか。

「どちらともいえない」が32.8%で最も多く、次いで「思う」が28.9%でした。

・今後、人との付き合い方は変わるとおもいますか。

「思う」が56.2%で最も多く、次いで「どちらともいえない」が20.4%でした。

・今後、日常の買い物の仕方や消費の仕方は変わると思いますか。

「思う」が64.7%で最も多く、次いで「とても思う」が14.9%でした。

・今後、家への欲求は変わると思いますか。

「思う」が51.2%で最も多く、次いで「どちらともいえない」が22.9%でした。

Q20 今、あなたは健康ですか。

「健康である」が57.7%で最も多く、次いで「あまり健康とはいえないが、病気ではない」が38.8%でした。

Q21 今、幸せだと感じていますか。

「感じる」が71.4%で最も多く、次いで「とても感じる」が20.5%でした。

回答者の属性

ご年齢

性別

世帯主のご職業

世帯主の業種

配偶者の職種

家族構成について

お住いの地域

現在のご住居

住居の広さ

間取り

居住年数