フージャースの考えるコミュニティ

【連載】フージャースの考えるコミュニティについて vol.1

開催日:2024年3月20日(日)
場所:デュオヒルズ比治山レジデンス
参加人数:参加人数:30世帯(84名)

今回からフージャースで行っているコミュニティ活動に関する連載コラムを書いていきたいと思います。初回は、「ご近所Sunday」についてです。

ご近所Sundayとは、マンション内のコミュニティを醸成するために考えたイベントです。フージャースのマンションでは、特に、入居時にお互いを知り合うためにこの企画を行うようにしています。すでに全国のマンションで順次開催していますが、このイベントに参加した人からは「参加してよかった」と好評です。
マンション内で出会う人々の顔や名前を知ること、挨拶ができるようになることは重要なことです。そうした日常の挨拶から始める緩やかなコミュニティは、我々の日常生活には暖かみをもたらしますし、災害や緊急の時に顔を知っていることでお互いに助け合うこともできるでしょう。

昔のことですが、1999年にフランス・パリで始まったLa fete des voisins(日本では、隣人祭と訳されています)では、年に一度住人たちが集まって、飲み物や食べ物を持ち合い、楽しいひと時を過ごそうという趣旨のおまつりが始まりました。
開催の背景には、その前の年に、猛暑で多くの老人が亡くなり、あるマンションでは亡くなった後も誰もそれに気づかなかったという事故が起きてしまったことがあります。これをきっかけに一人の青年が、そんなことはあってならない、せめてマンション内の人の顔ぐらいは覚えようとこの運動を始めました。その後フランスでは国家的なイベントになりました。この日は、会社の肩書きや立場を忘れ、ただ一人の住人になって、食事やワインを持ち寄り、上も下もなくみんなが平等に楽しい時を過ごします。

開催日:2023年11月12日(日)
場所:デュオヒルズ戸塚
参加人数:21世帯(66名)

フージャースのマンションでも住んでいる人の顔や名前を知ってほしい、そんな願いからこの「ご近所Sundayを始めました。どのマンションでも、初回はフージャースで企画をして運営していますが、最終的には、住人の皆さんによって1年に1度でも継続的に開催していただくことを目指しています。ご近所Sundayを機に、そうした気運が盛り上がってくることが今から楽しみです。

 

ご近所Sundayの立ち上げに関する記事

「ご近所Sunday」から始まるコミュニティ20221104日掲載)
「ご近所Sunday」から始まるコミュニティ デュオリスタ松戸常盤平20221216日掲載)
「ご近所Sunday」から始まるコミュニティ デュオヒルズ東川口テラス2023623日掲載)

 

ミニアンケート

あなたもご近所Sundayに参加したいですか。

お答えいただくとこれまでの結果が表示されます。

Loading ... Loading ...