土間に関する座談会を終えて

左上から蕎麦喰亭 / PIXTA(ピクスタ)、じろきち / PIXTA(ピクスタ)、Bilbo / PIXTA(ピクスタ)、2K / PIXTA(ピクスタ)

私たちは、コロナ禍そして、その後に始まる暮らしを想像した時に、「趣味」と「衛生」の観点から、「土間」が暮らしを豊かにするのではないかと考え、6月に土間に関するコラムの掲載やアンケートを行い、アンケートの結果は7月に「欲しかった暮らしラボ」で報告しました。

土間のある暮らし」(6月4日掲載)
【結果】土間に関するアンケート(前編)」(7月23日掲載 数値の報告)
【結果】土間に関するアンケート(後編)」(7月23日掲載 フリーコメントを紹介)

今回実施したアンケート結果から、土間には、「収納」「作業・趣味」「装飾」「来客」「衛生」の5つの機能が求められている。そして、土間の役割は「外と中を緩やかにつなぐ多目的なスペース」であることを再確認しました。アンケートのフリーコメントに書かれていた具体的な土間の利用イメージも参考にし、私たちは73.6㎡の標準的な3LDKをモデルに7つの間取りプランを考えました。そして、それらのプランを元に、お客様の求めていることを検証するために、7月29日から計4回にわたって「土間に関する座談会」を開催しました。今回はその内容を紹介します。

座談会の目的
マンションにおいても「家の中の外のような空間」「汚れを気にしなくてもいい空間」「遊び心をくすぐるワクワクする空間」「来客時の対応をする空間」など、日常の暮らしを彩る「土間のある住宅」を作りたい。
私たちが考えたプランにご意見をいただ、マンションに適した土間の可能性を探る。

実施日
2021年7月29日(木)8月5日(土)2回、8月7日(土)の計4回。各グループ1時間半程度。

参加者
30代~70代の女性5名、男性4名の計9名の方にお話をうかがいました。

インタビュー内容
・土間のイメージについて
・土間を設けた7つの間取りプランに対してのご意見
・7つの間取りプランの人気ランキング

1. 土間のイメージを教えてください

Aさん
30代、女性、3人家族、(こども:小学1年生の息子 )
趣味はハーバリュームやドライフラワーの作成。薬品を扱うため、子どもに触られたくないので、土間で趣味を楽しめたらうれしい。観葉植物や自転車も置けるので、土間は雨の日でも安心というイメージがある。

Bさん
40代、女性、2人家族(こども:なし)
土間は、寒いイメージがある。土間で何かをするというより、キャンプ用具、マウンテンバイクなど、趣味の道具を置きたい。

Cさん
70代、男性、5人家族(子ども:3人とも独立)
年を取ると階段が辛くなると思い、マンションへの住み替えを検討している。今は家に庭があり、家庭菜園やゴルフの練習をしているが、マンションならバルコニーの広いところがいいと考えていたところ、今回土間のアンケートに回答して、土間にも興味を持った。

Dさん
60代、男性、2人家族(子ども:なし)
マンションに住んでいると居住部分はできるだけ広く使いたいので、玄関がもう少し広くて大きな収納があると助かる。玄関に土間があると、来客時にリビングに通さなくても対応ができる点が魅力と感じている。

Eさん
50代、女性、2人家族(子ども:なし)
バルコニーで家庭菜園や植物を育てているが、虫が付いて困る。バルコニー側に土間があって、リビングから花を眺められるといい。サンルームのような家の中で植物が育つ土間が欲しい。

Fさん
40代、女性、4人家族(子ども:小学4年生と小学2年生の娘2人)
外で使うものを、室内に持ち込まず収納できる玄関収納、もしくはそれに近い土間があると便利。

Gさん
60代、男性、3人家族(子ども:社会人男性)
マンションに住んでいるが、車や自転車が好きでガレージハウスに憧れている。本格的なガレージハウスでは、予算や自分のやりたいことに合わないので、どうすれば趣味を活かした生活ができるか検討中。マンションの土間には興味がある。

Hさん
60代、男性、5人家族(子ども:娘が3人、2人は既に独立)
定年退職して、今後の暮らしを模索中。自宅マンションに土間を設けることは想像もできないが、土間のあるマンションは面白く大変興味がある。

Iさん
40代、女性、2人家族(母と同居)
土間は地方の戸建てのイメージで憧れがあるが、集合住宅での土間は難しいのではと思っている。犬と猫を飼っているので、マンションに土間という選択肢があると嬉しいなと思っている。

2. 土間を設けた7つの間取りプランに対して感じたことを教えてください

マンションの標準的な73.6㎡の3LDKのプランを原型にして、次の機能と役割を持たせた土間を設けたプランを考えました。
土間に求める機能:「収納」「作業・趣味」「装飾」「来客」「衛生」の5つ
土間の役割:「外と中を緩やかにつなぐ多目的なスペース」



中住戸土間プラン 角住戸プラン チャレンジプラン
ハーフサイズ土間3.5畳 ワイドサイズ土間6.3畳 ハーフサイズ土間3.8畳 通り土間13.5畳
73.6㎡の中に3.5畳の土間を含めたプラン 73.6㎡の中に6.3畳の土間を含めたプラン 73.6㎡に3.8畳の土間を追加した81.6㎡のプラン 73.6㎡に3.8畳の土間を追加した79.8㎡のプラン 73.6㎡の中に13.5畳の土間を含めたプラン
A.ハーフ土間・玄関側居室圧縮タイプ B.ハーフ土間・バルコニー側居室圧縮タイプ C.ワイド土間・玄関側居室圧縮タイプ D.ワイド土間・バルコニー側居室圧縮タイプ E.ハーフ土間・居室圧縮なし主寝室接続タイプ F.ハーフ土間・居室圧縮なし洋室接続タイプ G.玄関からバルコニーに通じる大空間土間タイプ
※図面内の略語は、次のことを表しています。
UB:ユニットバス、J:畳数、MB:メーターボックス

私たちが考えた7つの間取りプランに対して、ご意見をいただきました。

■A・Bプラン  中住戸・ハーフサイズ土間3.5畳のプランに対して
A・Bプランは、3.5畳の土間を設けたプランです。この広さでの利用イメージを、図面で表現してみました。
自転車を土間に置く場合だと、メンテナンスをするスペースが十分にあります。また、カフェテーブルを置くと、来客時のちょっとした対応や、お茶を飲みながら一人になる空間が設けられます。

Aプラン:ハーフ土間・玄関側居室圧縮タイプ

・自転車を置いて、メンテナンス作業するのによさそう。不意な来客時に作業スペースが見えないように、アコーディオンカーテンなどを付けたい。
・洋室3と土間を繋げて趣味の部屋にしたい。自分の部屋は狭くても問題ない。家族のスペースを邪魔しないので、このくらいの広さが丁度いい。
・カフェ感覚で友人を招待できそう。洋室3で子どもを遊ばせながら、土間でお茶をするイメージが湧く。
・この広さの土間では玄関が広くなった程度、居室を狭くしてまで土間が必要ではないと思う。

洋室 3が4畳であることには、狭いという意見はあまりなく、逆に土間と繋げて利用するシーンを思い浮かべている人が多かったです。

Bプラン:ハーフ土間・バルコニー側居室圧縮タイプ

・土間におしゃれな照明を置くことで、寝室と繋げて一体の演出が楽しめそう。
・冬の時期は寒そうだから、くつろぐ部屋というよりは、作業部屋として使う。
・寝室と土間の行き来や、夜土間で何かをするイメージが湧かない。
・洋室3のクローゼットが狭くなるのは困る。

土間と洋室1(寝室)が接していることでの利用イメージが付きにくかったのか、あまり好評ではありませんでした。

■C・Dプラン  中住戸・ワイド土間6.3畳のプランに対して
C・Dプランは、6.3畳の土間を設けたプランです。この広さでの利用イメージを、図面で表現しました。
6.3畳のワイド土間だと、自転車を2台置いても作業スペースとして十分な広さがあります。観葉植物とカフェテーブルを置いて、中庭やカフェのような使い方や、半分のスペースにベンチを置いて残りのスペースに洗濯物を干したりアイロンかけをしたりと、家事スペースとして活用することもできます。

Cプラン:ワイド土間・玄関側居室圧縮タイプ

・このくらいの広さがあると、土間として使える。
・ランドリースペースの提案は良い。風通しもあるだろうから洗濯物を干せる。
・運動器具を置いたり、オンラインでヨガやジムしたり、プライベートジムとして活用できそう。
・今は廊下でパターの練習をしていますが、この広さの土間ならゴルフの素振りやパターの練習もできそう。
・ワイド土間なら、来客対応のイメージが湧く。おもてなししたい来客はリビング、ご近所の方なら土間で対応すると思う。
・ワイド土間があったら、犬を飼いたい。
・玄関が、真ん中でない方が、作業をするのに便利だと思う。

プランC・Dのワイド土間には、アクティブな使い方をイメージされる方が多かったです。
一方、2畳の洋室3に対しては、意見が分かれました。

・部屋としては狭いが、寝室などの目的を持たない部屋があると、収納やちょっとした作業をするのに便利。
・狭いスペースがあるのは、使い方も色々考えられて良い。ワークスペースや家事スペース、トランクルーム的な使い方もできる。
・2畳は狭すぎて、利用が限られる。利用イメージが湧かない。

Dプラン:ワイド土間・バルコニー側居室圧縮タイプ

・ライフプランに合わせて、出入りできる部屋を変更できるといい。普段出入りしない方の部屋には、断熱効果があると嬉しい。
・二部屋から、土間に行き来が出来なくても良い。
・リビングダイニングが8畳では、狭すぎる。

土間につながる部屋は、寝室などではなく、趣味などに使えるスペースが喜ばれているように感じます。また、リビングが狭くなることには、抵抗があるようです。

■E・Fプラン  角部屋・ハーフサイズ土間3.8畳のプランに対して
Eプランは、73.6㎡に3.8畳の土間を追加した81.6㎡のプラン、Fプランは、73.6㎡に3.8畳の土間を追加した78.9㎡のプランです。3.8畳の土間の利用イメージは、A・Bプランと同じです。

Eプラン:ハーフ土間・居室圧縮なし主寝室接続タイプ

・土間と廊下の間に内ドアがあることで、プライベートが確保できる。ドアを開閉することで、風通しや空調を調整できるのでありがたい。
・玄関の位置や梁の関係で、土間の収納量が少なくなっているように感じる。

シューズクロークの位置に対して、使いにくいという意見がある一方、良く使う靴やサンダルなどを出しておけばいいので、苦にならないという声もありました。

Fプラン:ハーフ土間・居室圧縮なし洋室接続タイプ

・シューズクロークを玄関ホール横に設置したことで、洋室1が凸凹することが気になる。
・土間が玄関から室内への通路になってしまうので、土間としては有効に使えない。

E・Fプランは、73.6㎡に3.8畳の土間を追加した81.6㎡と79.8㎡のため、全体の面積が広くなる分、価格が上がってしまいます。実際には価格と土間の用途や必要性などを比較して、検討する必要がありそうです。

■プランG  通り土間13.5畳のプランに対して

Gプラン:玄関からバルコニーに通じる大空間土間タイプ
Gプランは、玄関からバルコニーまで通じる、広々とした13.5畳の土間を設けたプランです。

・土間のイメージが一番目新しくて、面白いプラン。魅力的な家になりそう。
・土間が広くて、家の中の風通しがよさそう。
・寝室以外全て土間というか、タイル張りにしてはどうか。
・犬猫を飼っているので、芝生を引くなどして、室内ドックランにしたい。
・土間が広いので、老後もし車いす生活になったとしても、生活しやすいだろうと思う。
・シェアハウス的な使い方が出来そう。国際結婚も増えているので、文化の違う人同士が暮らすには、良い間取りだと思う。
・都心の外国人に人気がありそうな間取り。
・玄関を開け放てるように、網戸を付けるなどの工夫が欲しい。
・日本人ですから、玄関があって靴を脱ぐ、そして内と外は明確に分けたい。
・キッチンが丸見えなのは抵抗感がある。

斬新な土間プランは、想像が膨らむのか、たくさんのご意見と良い評価をいただきました。

■全てのプランに共通して言えること
7つのプランの土間空間に対しては、次のような共通の意見が出ました。

・本来外に置くべき自転車なども、室内で管理できるので、セキュリティ面でとても安心。
・土間があると、来客時に部屋に通すのとは違い気軽に対応できそう。趣味のものを飾った土間なら、その趣味も見て欲しくなる。
・小学校の家庭訪問では、先生は部屋に上がらず玄関先で立ち話をすることになっている。土間があると、座っていただけるのでちょうどいい。
・子どもの友達が遊びに来た時は、部屋には上がって欲しくない時もある。土間があると、気軽に遊べるので、親子ともうれしいかも。
・カフェテーブルなどを置いたら、お茶を飲んだり、朝食を食べたりしようという気持ちになりそう。
・A~Fのプランにあるミニシンクは、室内に入る前に手を洗えて衛生的だし、汚れものを室内に持ち込まず洗えるので、とてもよい。
・A~Dプランの土間は共用廊下に面していて自然光が入りにくくても、おしゃれな照明で演出したり、窓や格子のデザインを工夫したりすることも楽しめそう。

など、土間空間は好評でした。しかし、土間のサイズと居室やリビングの広さとの関係で、各プランに対しては、評価が分かれました。また、土間の床仕上げや外に面していることから、寒くないのかというご意見もありました。

3. 7つの間取りプランの人気ランキング

中住戸の土間として、ハーフサイズ土間もワイド土間もどちらも可能性があることがわかりました。全てのプランの中で、特に人気が高かったのは、AタイプとCタイプ。両方とも、リビングの広さも十分確保できている点が評価されたようです。また、洋室全てを同等の広さにするよりは、広さにメリハリをつけた点でも人気がありました。
角住戸の土間では、Eタイプが人気。各居室の広さが十分に確保されており、土間を壁際に寄せていることで、使い勝手がいい点が評価されました。Fタイプは、土間が通路となってしまい、土間としての機能を果たせず、広い玄関としてしか使えない点で、意見が割れました。
Gタイプも、人気不人気の意見が割れましたが、シェアハウスとして使える、都心の外国人に人気が出そうなどと、可能性がある間取りとの評価を受けました。

座談会を終えて

マンションに土間を設けることに関しては、「マンションの土間は想像できなかったが、面白いと思った。夢が膨らむので、早く実際のマンションを見てみたい」とうれしいご意見を頂きました。また、「土間をサンルームのように日の当たるバルコニー側に欲しい」や、降雪のある地域の方の「天候に左右されない土間があれば、バルコニーは狭くてもいい」という声から、お住まいの地域によってイメージされている土間が違うことがわかりました。土間は必ずしも玄関と一体でなくてもいいということにも、気づかされました。
家族構成や利用目的によっては、土間を設けることで居室の面積が狭くなることに抵抗があるという声もあり、居室の広さと土間の広さの関係には、慎重に検討を進める必要がありそうです。
また、土間を設けるなら思い切って専有面積を100㎡ぐらいにした方が、素敵なプランができるのではないかというご意見もあり、高額な住戸にも土間は受け入れられると感じました。

古くからある土間の機能は、「収納」「作業・趣味」「装飾」「来客」「衛生」は、現代においても受け入れられることがわかりました。「来客」に関しては、古くからの土間を利用していた頃と比べると来客自体が減っているものの、多くの方に共感いただきました。
この他に、「寒さ」「明るさ」「風通し」「靴をどこで脱ぐか」という設計のヒントになるキーワードも新たに出てきました。

座談会で女性のお話を聞いていると、収納、子どもや家族のこと、ご自身の趣味のこと、来客のことが話題に出てきます。男性は、家族の邪魔をしない自分のスペースという話が出てきた点が、非常に興味深かったです。土間の使い方は、誰の目線かによって大きく変わりますが、その分多くの可能性があると感じました。

また、皆さんが土間のお話をされている時、とても嬉しそうでワクワクした暮らしを想像しながら話されているのだということが、その笑顔からも伝わってきました。「早く土間付きのマンションつくって」「求めていた暮らしができそうです」などと励みになるお言葉もいただき、土間という+αのゆとりの空間は、心のゆとりにもつながることが、よくわかりました。
今回、座談会でご意見いただいた内容を参考に、7つのプランを進化させ、より使いやすい土間のあるマンションを検討していきます。みなさんの要望や気づきのご意見も、是非お寄せください。

ミニアンケート

7つの間取りプランの中で、一番気に入った間取りはどれですか。

お答えいただくとこれまでの結果が表示されます。

Loading ... Loading ...