LDKでの過ごし方に関する座談会を終えて

私たちは、コロナ禍において、キッチン・ダイニング・リビングで、皆さんがどのように過ごし、コミュニケーションを取るのかをお伺いする「LDKでの過ごし方」のアンケートを8月に行いました。そして、結果と考察は3回に分けて、この「欲しかった暮らしラボ」で報告しました。

【結果】LDKでの過ごし方(キッチン編)」(2021年10月1日掲載)では、家族で家事をすることが定着してきていることや、キッチンが家族のコミュニケーションの場でもあることがうかがえました。また、手の込んだ料理でなくても自分で食事を作り、家族で食卓を囲む時間を大切にしたいこともわかりました。
【結果】LDKでの過ごし方(ダイニング・リビング編)」(2021年10月8日掲載)では、約7割の人がダイニングよりもリビングを広くとって生活をしていました。ファミリー世帯単体で見ると、自宅にソファを置かずにダイニングテーブルを置いている人が13.1%おり、リビングではなくダイニングテーブルを中心とした暮らしをしている家庭が、一定数いることがわかりました。
【結果】LDKでの過ごし方(くつろぎ・コミュニケーション編)」(2021年10月15日掲載)では、リビングではテレビを見ながらなど何かをしながらのコミュニケーション、ダイニングでは大事な話をするなど対面で顔を合わせてのコミュニケーションをしていることがわかりました。大きなダイニングテーブルに人数分の椅子があれば、食事の時以外でもダイニングを中心に、リラックスしながらコミュニケーションをとる形もあるのではないかと思いました。
今回実施したアンケートの結果も参考にして、「家族とつながるキッチンダイニングのあるLDK空間」を設計しました。そして、私たちが考えた間取りプランは、お客様が求めていることを反映しているかを知るために、10月21日から計4回にわたって「LDKの過ごし方に関する座談会」を開催しました。今回はその内容を紹介します。

座談会の目的
ダイニングスペースは「食事」、キッチンは「料理」と決まった行動をする場所だけではなく、リビング同様にくつろぎやコミュニケーションの場となっている。家族とのコミュニケーションやくつろぎの場所を、キッチンダイニングを含めたLDK全体のプランとして見直したい。
またそれを反映させた「センターキッチン」プランにご意見を頂き、実装に繋げたい。

実施日
2021年10月21日(木)10月23日(土)、10月30日(土)、11月11日(木)の計4回。各グループ1時間半程度。

参加者
30代~60代の男性1名、女性8名の計9名の方にお話を伺いました。

インタビュー内容
1. キッチンでのコミュニケーションについて
2. コミュニケーションをとる場所について
3. センターキッチンのコンセプトに対して感じたこと
4. 興味のあるLDKは、どのタイプか

1. キッチンでのコミュニケーションはどのようなものか教えてください。

Aさん
3人家族(子ども:小学1年生の息子)
年に数回ほど、息子が料理をしたいと言った時に手伝ってもらっています。息子のやる気次第なので、「餃子だけどやる?」と聞いて、気分が乗っている時は一緒にキッチンで作業をします。積極的に教えようとしてもダメなんです。

Bさん
3人家族(子ども:2歳半の息子)
家のキッチンはアイランド型です。立ち飲み屋みたいに、キッチンで料理を作り、カウンターの向こうで飲んでいます。料理しながら、食べながら、飲みながら、座って飲むより楽しいです。夫も料理はしてくれます。

Cさん
3人家族(子ども:4年生の息子) 男性
狭いので、二人でキッチンに立つことはありません。妻と子どもは一緒に作ったりしていますが、私が作ったものは、あまりおいしいとは言ってくれなくて。

Dさん
4人家族(子ども:7歳と10歳)
週に2・3回ぐらい、夫婦でキッチンを使っています。夫が、4月まで単身赴任だったんですが、戻ってからは食器の片づけをしてくれるようになりました。子どもは、習い事がない時に、野菜を切ったり混ぜたり、手伝いをしてくれます。

Eさん
4人家族(子ども:小学4年生、中学2年生の娘二人)
朝食は私が用意しますが、夕食の時間帯に、子どものスポーツの関係で外出することが多いので夕食は夫が用意します。片付けや翌朝の準備も夫がしています。学校が休みの時には、昼食を子どもと一緒に料理をすることはあります。

Fさん
2人家族、(子ども:なし)
夫婦で一緒に料理を楽しんでいます。夫が休みの時に、夫が手伝っているという気分になれるようなお昼、例えば焼きそばとかを、一緒に作っています。

Gさん
2人家族(子ども:なし)
キッチンでの会話は、日常会話ぐらいです。休日は、夫が料理をします。他に洗濯以外の家事全般をしてくれます。配膳などの準備は手伝いますが、料理は調べながら楽しそうに作っています。平日は私、休日は夫と完全に分担しています。

Hさん
2人家族(子ども:独立した娘一人)
専業主婦ですが、手順よく料理をするのが苦手で、「出来る人がやればいいよ」と夫が料理をしてくれます。片付けは私がします。夫は何でも手順良くできるのですが、直ぐに食器を傷付けてしまうので、気になって仕方ないです。

Iさん
1人暮らし(実家には、両親と兄家族)
実家に帰った時は、姪や家族と一緒に料理をします。お酒飲みながら料理をすることが多くなりました。元々週2・3回飲みに行ってましたが、 家での食事を楽しめ、居酒屋気分が味わえるように、家電や調味料を買ったり、Instagramを見てキッチンをオシャレにリメイクしたり、楽しんでいます。

2. コミュニケーションをとる場所について教えてください

Aさん
LDを一つの空間として使っていることもあり、過去の住まいを見ても、ダイニングで会話をしていたことが多いです。意識して会話する時や家族会議もダイニングです。「よし、今から会話しよう」とリビングに集まりはしないです。

Bさん
子どもが小さいので、リビングで子どもと遊びながらのコミュニケーションが多いです。

Cさん
子どもの宿題を見たり、大事な会話はダイニング。普段は、それぞれ好きな格好で床でくつろぎながらコミュニケーションをとっています。

Dさん
子どもの表情がさえない時や大事な話をする時は、顔を合わせてダイニングで話をしています。夕食後のくつろいでいる時に、テレビを消して会話することもあります。子どもが暇そうにしている時は、一緒に漫画を見たり、お茶を飲んだりしながら、好きな場所で会話をしています。

Eさん
子どもが大きくなったので、食事の時間もバラバラです。一番コミュニケーションが取れるのは、家族全員で車に乗っている時です。子どもが小さい時は、一緒にお風呂に入った時や、食事の時にダイニングで話すことが多かったです。

Fさん
LDの区分けがなく、一つの部屋という感じなので、ながらの会話で十分な内容か、顔をみながら話したい内容かで、どこで話すか変わります。

Gさん
ダイニングとリビングは一体で使っていますが、どちらかというとリビングです。

Hさん
リビングとダイニングはつながっています。座っている時間はダイニングの方が多いです。

Iさん
家族で食事やお酒を飲みながら、ダイニングでのコミュニケーションが多いです。

3. センターキッチンのコンセプトに対して感じたことを教えてください

センターキッチンのコンセプトは、次の3点です。

①キッチンでの動きやすさ
・ 2方向から出入りができるので、複数人の利用時でも使いやすい。
・ 冷蔵庫からの物の出し入れや、手伝いがしやすい。

②キッチンと横並びのダイニング
・ 流し台とダイニングテーブルを横に連続させることで、料理をしながら家族とコミュニケーションがとりやすい。
・ 配膳、後片付けがしやすい。
・ 料理の途中でも、ちょこっと腰掛けることができる。

③キッチン後ろの収納量アップ
・ 流し台の背面のキッチンからリビングまでの壁は、食器棚や壁面収納をワイドに設置しやすい。通常はキッチン幅が225cmで、幅150cm程度の食器棚が限界だが、それよりも大きい食器棚が置けて、収納量が増える。

これらのコンセプトに対するご意見を、まとめました。

■キッチンでの動きやすさ
・動線が良くて使いやすそう。
・キッチンで夫とすれ違う時の、窮屈さがなくなる。
・お友達の家がセンターキッチンで、動線もいいし、冷蔵庫の出し入れもしやすくて良いなと思っていました。
・両方からキッチンに入れるのは、とても使いやすくていいです。
・冷蔵庫までの動線がよくて、いいなと思います。
・コンロの上の換気扇が、部屋に入った時に視線に入り気にならないだろうか。
・かえって家の中が狭く感じないのだろうか。

■キッチンと横並びのダイニング
・子どもに近くなるので、呼ばれたらすぐ隣に行ける。
・子どもでも、ダイニングテーブルで料理のお手伝いができる。
・子どもが低学年のうちは、ダイニングで勉強している家庭が多いので、横移動はスムーズで良い。
・今は、子どもがダイニングテーブルで勉強しているので、消しゴムのカス等を食事の時に片付けないといいけない。コンロの前にカウンターがあると、勉強はカウンターでできるので助かる。
・煮物の時や火から離れられない時などに、キッチンに小さいスツールを持ってきて休憩しています。センターキッチンなら、横で椅子に座れるのでいいですね。
・料理を作るプロセスで作業台が狭くなる時や、大きなパンを切るとかはダイニングで作業できる。座って作業できるのもいい。
・人が遊びに来た時は、会話しながら一緒に調理して、食べて片付けるまでが、楽しくなりそう。
・花を生ける時に、シンクと作業台が近いので助かる。
・ダイニングの横にキッチンがあるのは使いやすそうだが、部屋の中にキッチンがあるという感じにならないか。
・料理を作ることと食事は、スペースを分けたいので、ダイニングはキッチンから離れている方がいい。

■キッチン後ろの収納量アップ
・収納が増える点はいい。今は、米や備蓄食材は、リビングのクロゼット、ホットプレートやお鍋などは物入れに入れているので、キッチン周りに収納できたらうれしい。
・洋室にしまっているお米や備蓄の水を、キッチンで収納できそう。
・諦めているものが沢山あるんです。食器も買いたいし、電動圧力鍋、コーヒーのプレスや、ウォーターサーバーも諦めています。フルタイムで仕事していると、便利なキッチン家電も使いたいくなるから、広いキッチンはとても魅力的。
・キッチンの後ろに、ウォーターサーバーを置きたかったが、狭くなるので卓上型にしました。食器棚は家電も置けるタイプにしたら、今度はお皿が入らない。本当は炭酸メーカーも置きたいんです。壁面の収納は魅力を感じます。
・広い食器棚だったら、炭酸メーカーやビールサーバーも置きたいです。
・家電調理器を、キッチン近くに収納できるのでいい。
・諦めている炭酸メーカー、オーブン、トースター、コーヒーマシン、なども置けそう。
・大型のビルトインのオーブンを設置したい。

デメリットとしては、次のような4点を考えています。その仮説に対するご意見を紹介します。

① キッチンと背面収納が丸見えになる
・収納は広くて魅力的だが、完全に隠せるように引き戸など付けて欲しい。
・収納スペースが増えることは魅力的だが、収納とわかるデザインは嫌。「実は、これ収納なんです!」みたいなデザインだと素敵。
・センターキッチンだと、調味料までも丸見えになる。オシャレなキッチンを保つのに、調味料も素敵な入れ物に詰め変えたりしたい。

②水跳ね、油跳ね、においが心配
・揚げ物を週に2・3回はするので、油汚れが心配。掃除の手間が増えるかもしれない。
・臭いはや、油跳ねは気になる。
・廊下に飛び散った油跳ねが、人が通ることでリビングにまで広がりそう。
・臭いは、今のキッチンでも充満しているので、一緒かなと思う。
・ガラスの壁は欲しい。友達の家がリフォームでガラスの壁を付けていて、きれいに保てていた。
・解放感と掃除を天秤にかけることになりますね。
・キッチンの上に吊戸棚があると、気流の流れがリビングに広がらないので、吊戸棚が欲しい。

③ テレビが見えない
・朝夕のニュースを見ながら料理をするので、テレビが見えないのは困る。
・テレビは常に付けているので、テレビは見えたほうがいい。
・料理中はテレビを見ないから、困りません。音楽を聴いています。
・テレビというより、外が見えた方がいい。
・テレビは必要ないが、壁だという事が気になる。

④ リビングに大きなソファが置きづらくなる
・ソファが二人掛けになるのは厳しい。家族3人でソファに座って、テレビ見ています。
・ソファには寝ころびたいから、3人掛けがいい、ダイニングは小さくてもいい。
・子どもの年齢や家族のスタイルによるが、絶対に3人掛けソファでなくてもいい。ソファを2人掛けにして、今は大きなビーズクッションを検討しています。
・ソファのサイズにはこだわらない。冬は床暖房付けて床に座りたい。
・3人掛けのソファに3人座っていることはない。子どもが小さいので、ソファより床に座っていることの方がいい。

4. どのタイプのLDKにご興味がありましたか。

興味のあるプランを聞いてみました。

Aプラン:75㎡ 対面キッチン
Gさん:キッチンからLDを見渡せる。今のキッチは後ろに余裕があり広いのと、キッチンに二人で立つことがないので、不便を感じていない。
Hさん:Aプランで一番いいところは、空間の使い方に無駄が出ない。今の対面キッチンでさほど不便を感じていない。
Iさん:圧迫感がなくて空間をうまく使えそう。Cプランのように、縦に面積を広げるのではなく、横に広げて欲しい。

B:75㎡ センターキッチン
Bさん:どのプランも、今の家より広いので魅力的だ。テレビは見づらいがB。
Dさん:価格との兼ね合いでB・Cで迷うが、リビング横の洋室をリビングに拡張して、2LDKで使う。
Fさん:今の暮らしに最も近い。リビング横の洋室が開閉可能であれば、広く使えるのでいい。

C:80㎡ センターキッチン
Aさん:価格にもよるが、部屋数を優先させたいので、広い方がいい。
Cさん:少し高くてもいいものがいい。しいて言えば、面積を横に広げている方がいい。

座談会を終えて

皆様の意見を通して、リビングには、全員が座れるソファというより、くつろげるスペースが重要であること。キッチンは収納が足りなくて、広い収納スペースを求められていること。またキッチンに複数の人がいると、冷蔵庫からの出し入れがしにくいなど、キッチンの通路に余裕がないこと。ダイニングは、家族構成や来客頻度によっても異なりますが、食事スペースだけではなく、勉強・作業の場としても使われていることが、再認識できました。
リビングは「コミュニケーション」、ダイニングは「食事」、キッチンは「調理」という区別がなくなりつつあり、LDKを一体として考え、会話の内容によってコミュニケーションをとる場所を変えていることもわかりました。
家にいる時間が増えた昨今だからこそ、家族にとって居心地のいいスペースが重要となっています。今日は家族だけのホームパーティ。みんなで料理して、ダイニングでのんびり食事。そんな日常があってもいいなと思います。

センターキッチンは、家族がコミュニケーションをとる場所が変化しつつあることを考え、LDKを一つの空間ととらえています。住宅を提供する私たちが、LDKの考え方を柔軟にすることも大事だと考えています。
頂いたご意見を参考にしてセンターキッチンのプランの精度を高め、実際の物件でのお披露目に向けて準備をすすめていきます。

ミニアンケート

3つの間取りプランの中で、一番気に入った間取りはどれですか。

お答えいただくとこれまでの結果が表示されます。

Loading ... Loading ...