プロジェクト

私たちが関わるマンション開発がある場所を、
継続的に価値ある場所にしていくための取り組みです。

 

つくばプロジェクトについて

2018年から、つくば市をテーマに「街の活性化をどうしたらよいのか」を考えてみるプロジェクトを開始しました。 私たちフージャースは、つくば市内でいくつもの住宅の供給を行ってきました。そして今も、住宅の供給が進行しています。
各都市で、住宅の供給単体の計画はいくつもあるのですが、こうして一つの都市に長く関わる中で、その街の未来がどのようになっていくかは、大事なことだと考えています。私たちのつくるマンションや戸建てに住む人たちが、どんな暮らしをしているのか。また、それらの住宅があるつくばの未来がどうなっていくのか、を考えずにはいられません。

私たちはそうした思いもあり、2018年の夏から継続的につくばの人たちと、まち歩きをおこなって街の魅力を探したり、広場での振る舞いカフェをおこなってペデストリアンデッキの活用方法を検討したり、コワーキングスペース「up Tsukuba」や「つくば100人カイギ」の支援しながらスタートアップのモデルを探したり、人材発掘にも意識を向けてきました。他にも、まちの清掃プロジェクトとして「認定NPO法人 グリーンバード」の支援などを通じて、多くの人たちとの接点をもつこともできました。
また一方で、まちの人たちとの関係づくりとは別に、行政の人たちとも話し合う機会を多く作ってきました。つくば市では様々な専門家を招く計画を考えています。私たちフージャースが、一企業でできることは限られていますが、それでも未来への変化の契機を、どのようにつくれるかということを考え続けています。

そしていきついたところは、公園の活用ということです。つくばの街を歩いていて、こんなに公園が多いのに、使っている人がいかに少ないかが気になります。そして、竹園西広場公園の隣にマンション開発をすることもあり(2020年秋完成)、その公園をモデルにしながら、もっと公園が市民に使われるようにするにはどうしたらよいか、と考えたのです。
私たちは2019年春に「つくばの公園で楽しもうの会」を市民の方と一緒に設立し、竹園西広場公園のリニューアル完了をきっかけに、現在だれでも参加できるピクニックイベントを毎月開催したり、ヨガイベントを行ったりもしています。この「公園のある暮らし」を考えてみることは、まだまだ始まったばかりですが、この火種をみなさんと一緒に育てていきたいと思っています。
ぜひみなさんのご意見をお寄せください。またピクニックにもぜひおいでください。

2019年12月

※株式会社フージャースコーポレーションは、2018年11月に「竹園一丁目国家公務員宿舎跡地における魅力ある開発の推進に関する覚書」をつくば市と締結しています。

  • タグでソート